学術集会発表論文投稿原稿作成要領
本誌に掲載する学術集会発表論文は1編2ページ(但し,1ページを超えること)とするため,規定の図・表用台紙を用い,別紙の例文を参考にして,下記のことに留意し原稿を作成すること.



1. 表題は27字×2行(54字)まで使用することができる.副題を付けたい場合は,主表題を27字以内にとどめた上,副題を2行目に35字以内に収まるよう(小さい文字を使用)にすること.すなわち,主表題と副題がそれぞれ1行ずつになるようにすること.

2. 著者は6名以内(他施設共同研究者を含む)とする.

3. 1ページ目下欄外の英文タイトル,英文筆頭著者名,英文所属機関名,key word3個(英語)は5行以内に収めること.

4. 本文,文献,図・表(説明文を含む)合わせて1行23字,150行以内に収めること.規定字数を超える場合は,原著論文として取扱う.

5. 本文の原稿は横書きで1行23字とし,原則としてワードプロセッサーにより記述すること.

6. 引用文献の書き方は,中部整災誌の「投稿規定」に従うこと.

7. 図・表の説明文は別紙に番号順にまとめて書き、文献の次に添付する.

8. 図,表は,原則として横6.5cm(片側半分の場合)又は14.0cm(両側にわたる場合)以内とする。なお,図,表は鮮明なもの(コピーは不可,文字が著しく小さくならないよう縮小率に注意すること)を別紙に貼り付けること.また,発表に用いた電子データについては,電子媒体(CD-ROM, MO, USBメモリー等)に保存の上,提出すること(預かった電子媒体については,校正の際に返却します).

レイアウト用紙は本文などを記述する行数及び図、表の大きさの確認のためのものである。
図,表の説明文は説明文を含む上下各々1行をあけること.
図,表は希望の大きさのコピーを貼り付け,本文(文献を含む)を記述する行数から減ずること.また,図,表の横に空白ができても,その空白部分は本文(文献を含む)の字数に数えないこと.


9. 投稿論文は,原稿にフロッピーディスク等(演題番号,氏名,使用機種,ソフト名を明記すること.)を添え,学術集会当日,本学会事務局に1部提出すること.なお,必要経費(図・表用版下料,別刷料など)は,雑誌発行後に請求する.

10. 別刷料は,実費を著者が負担する(但し,20部までは無料).
別刷は,原則として掲載料,別刷料などが納入された後,本学会事務局から送付する.

11. その他,原稿作成に必要な事項については,この要領に定めるもののほか,中部整災誌の「投稿規定」によるものとする.

12. 原稿作成に関して不明な点は,本学会事務局(075-231-7599)に問い合わせること.

平成18年4月8日改正
中部日本整形外科災害外科学会

TOP