〈言語系研究機関リンク〉


2019年度公開シンポジウム
言語系学会連合・日本英語学会共催
テーマ:
 「ことばは現実をどう捉えるか ─ことばの対照研究のおもしろさ─」
日時: 2019年11月9日(土) 15:15〜18:00
会場: 関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス G号館3階301教室
 (〒662-8501 兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155)
参加費無料・事前登録不要
司会: 廣瀬幸生(筑波大学)
講師:
松本 曜(国立国語研究所)
 「移動事象の言語化:実験調査による英語と日本語との対照」
井上 優(麗澤大学)
 「話し手の気持ちは言語にどう反映されるか─日本語と中国語の場合─」
岡本順治(学習院大学)
 「ドイツ語の心態詞と日本語の終助詞を使った『驚き』と『独白』の表示:その共通性と違い」
渡邊淳也(東京大学)
 「フランス語の語彙の抽象性・操作性と日本語の語彙の具象性・指示性」
詳細: ご案内ポスター
問合せ先:
 言語系学会連合 uals.office@gmail.com
 日本英語学会 elsj-info@kaitakusha.co.jp

教員養成系・人文社会科学系学部の
廃止・転換を求める国立大学改革について
 言語系学会連合は、日本学術会議幹事会が2015年7月23日に発表した声明文 「これからの大学のあり方 ―特に教員養成・人文社会科学系の あり方― に関する議論に寄せて」 を全面的に支持します。(2016年6月20日)

http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-kanji-1.pdf


平成28年熊本地震被災者へのお見舞い
 この度の平成28年熊本地震 (2016年4月) により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

平成28年熊本地震関連多言語情報ページ (日本中国語学会)
 日本中国語学会から、九州地方における地震に際し、多言語・情報弱者対応災害支援リンク集開設のご案内がありました。加盟学会の皆さまにお使いいただき、 また多言語による支援を必要とする被災者の方がおられましたら、このリンク集をお知らせください。
Multilingual Disaster Support Information / Support for Information for Challenged People
網站彙整: 多語種災害救援資訊/為信息弱勢群体的災害救援服務
 http://www.chilin.jp/dz/dz2.html

UALSからのお知らせ

イベント中止のお知らせ (2020年9月17日)

 以下のイベントは新型コロナウイルスの影響を懸念して中止となりました。

言語系学会連合・日本英語学会共催公開シンポジウム
「英語教育のあるべき姿を目指して:英語にかかわる研究の視点から」

日時: 2020年11月7日
場所: 茨城大学(水戸キャンパス)

 「日本英語学会第38回大会」自体は、2020年11月7日、8日にオンラインにて開催されます。また、今回中止となった公開シンポジウムと同様の公開シンポジウムを「日本英語学会第39回大会」(2021年度開催)にて改めて開催することを検討しています。詳細は日本英語学会ウェブサイト(http://elsj.jp/)をご覧ください。

イベントのお知らせ (2020年7月27日)

NINJALシンポジウム「言語コミュニケーションの多様性」

 国立国語研究所では以下のとおりNINAJLシンポジウムを開催いたします。このシンポジウムでは、「言語コミュニケーションの多様性」をテーマに、基調講演と2つのワークショップを通してその成果を紹介するとともに今後の研究の展望や様々な研究分野の総合による新たな知の創造について議論します。(参加無料、要事前申込)
日時: 2020年10月3日(土) 10:00〜17:00
会場: 国立国語研究所講堂及びオンライン
 対面及びオンラインにて開催いたします。(今後の状況に応じてオンライン開催のみの実施となる場合がございます。)
 詳細は以下のウェブサイトをご参照ください。
https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2020/20201003/

イベント開催日・開催場所変更のお知らせ (2020年7月27日)

 日本第二言語習得学会(J-SLA)広報担当の山崎妙と申します。
 8月に予定されていました「第20回日本第二言語習得学会 国際年次大会(J-SLA2020)設立20周年記念大会」の開催日、開催場所が以下の通りに変更されましたのでご案内させていただきます。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。
日程: 2021年3月27日(土)〜28日(日)
場所: 静岡大学(〒422-8529 静岡市駿河区大谷836)
アクセス: https://www.shizuoka.ac.jp/access/map_shizuoka.html
基調講演者:
 Lydia White (McGill University)
 Robert M. DeKeyser (University of Maryland)
問い合わせ先: J-SLA事務局 若林 茂則(j-sla2020@j-sla.org)

催しと発表募集のお知らせ (2020年6月19日)

全国語学教育学会 第46回年次国際大会教材展示会
Communities of Teachers and Learners

(JALT2020年次国際大会はオンライン上での開催いたします。)

2020年11月16日(月)〜11月23日(月)
期間限定の発表募集: 緊急時の遠隔教育と学習
 現在の全世界的な緊急時の教育・学習環境のなかで、教育者にたいしてより一層の支援をはかるため、「緊急時の遠隔外国語教育と学習」に関する特別発表を限定募集いたします。
 募集期間は6月15日から7月10日(日本時間午後11時59分締め切り)です。このようなセッションをプログラムに加えることで、COVID-19発生の初期段階で行われているリサーチを共有し、語学教師に教育学的支援を提供したいと考えています。JALT2020大会は、今回のパンデミックに端を発した諸処の変化に、語学教育の分野がいかに適応し克服してゆくかを探るプラットフォームを提供いたします。
提出の詳細なガイダンスについては、こちらの募集要項 https://jalt.org/conference/call-proposals をご覧ください。

イベントのお知らせ (2020年6月9日)

催しと発表募集のお知らせ
NINJAL 国際シンポジウム「第11回 日本語実用言語学国際会議(ICPLJ11)」

日程:
 2020年12月19日(土): シンポジウム
 2020年12月20日(日): 口頭発表とポスター発表
会場: 国立国語研究所 http://www.ninjal.ac.jp/
シンポジウム「さまざまな角度から見た日本語のコミュニケーション」
パネリスト:
 ポリー・ザトラウスキー(ミネソタ大学)、曹 大峰(北京日本学研究センター)、マルチェッラ・マリオッティ(ヴェネツィア カ・フォスカリ大学)、森 篤嗣(京都外国語大学)、坊農 真弓(国立情報学研究所)
司会: 野田尚史(国立国語研究所)
開催の趣旨:
 日本語実用言語学国際会議(ICPLJ)は、日本語の研究を活性化するとともに、理論的な言語研究と応用的・実用的な研究との間の橋渡しの役割を果たすことを目的として1998年に創設され、音韻論、形態論、統語論、意味論、語彙論、語用論、談話分析、応用言語学、コーパス言語学、心理言語学、社会言語学、第二言語習得研究、バイリンガリズム、言語教授法、言語教育工学、言語学習支援、言語産出などを対象として含みます。今回のICPLJは、日本語研究と日本語教育研究の最先端における研究者が一堂に会し、研究成果を日本語教育の分野における実際的な応用に役立てるための議論の場を提供したいと考えています。
発表募集:
 開催目的にふさわしい研究発表(「口頭発表」または「ポスター発表」)を募集します。希望される方は、以下のURLにアクセスし、発表募集要領、応募様式1・2を必ずご確認ください。
・日本語版(Japanese): https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/symposium/20201219_intlsympo/
・英語版(English): https://www.ninjal.ac.jp/english/event/specialists/symposium/20201219_intlsympo/
発表募集締め切り: 2020年8月10日(月)必着
若手研究者支援:
 若手研究者を支援するため、発表が決定した若手研究者(特に大学院生)のうち、特に優れた発表者(若干名)に対しては国内の旅費を提供する予定です。
問い合わせ先: icplj11-office@ninjal.ac.jp
 皆さんの積極的なご応募をお待ちしています。

>> 終了したイベントはこちら

↑上にもどる

↑上にもどる