〈言語系研究機関リンク〉


2019年度公開シンポジウム
言語系学会連合・日本英語学会共催
テーマ:
 「ことばは現実をどう捉えるか ─ことばの対照研究のおもしろさ─」
日時: 2019年11月9日(土) 15:15〜18:00
会場: 関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス G号館3階301教室
 (〒662-8501 兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155)
参加費無料・事前登録不要
司会: 廣瀬幸生(筑波大学)
講師:
松本 曜(国立国語研究所)
 「移動事象の言語化:実験調査による英語と日本語との対照」
井上 優(麗澤大学)
 「話し手の気持ちは言語にどう反映されるか─日本語と中国語の場合─」
岡本順治(学習院大学)
 「ドイツ語の心態詞と日本語の終助詞を使った『驚き』と『独白』の表示:その共通性と違い」
渡邊淳也(東京大学)
 「フランス語の語彙の抽象性・操作性と日本語の語彙の具象性・指示性」
詳細: ご案内ポスター
問合せ先:
 言語系学会連合 uals.office@gmail.com
 日本英語学会 elsj-info@kaitakusha.co.jp

教員養成系・人文社会科学系学部の
廃止・転換を求める国立大学改革について
 言語系学会連合は、日本学術会議幹事会が2015年7月23日に発表した声明文 「これからの大学のあり方 ―特に教員養成・人文社会科学系の あり方― に関する議論に寄せて」 を全面的に支持します。(2016年6月20日)

http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-kanji-1.pdf


平成28年熊本地震被災者へのお見舞い
 この度の平成28年熊本地震 (2016年4月) により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

平成28年熊本地震関連多言語情報ページ (日本中国語学会)
 日本中国語学会から、九州地方における地震に際し、多言語・情報弱者対応災害支援リンク集開設のご案内がありました。加盟学会の皆さまにお使いいただき、 また多言語による支援を必要とする被災者の方がおられましたら、このリンク集をお知らせください。
Multilingual Disaster Support Information / Support for Information for Challenged People
網站彙整: 多語種災害救援資訊/為信息弱勢群体的災害救援服務
 http://www.chilin.jp/dz/dz2.html

UALSからのお知らせ

共催制度応募のお知らせ (2019年12月2日)

共催制度応募受付中(2019年12月1日〜2020年2月29日)
応募は こちら から

イベントのお知らせ (2019年11月25日)

「言語科学会第22回国際年次大会(JSLS2020)研究発表の募集」English Version

言語科学会第22回国際年次大会(JSLS2020)を以下のとおり開催いたします。

日時: 2020年5月30日(土)〜31日(日)
場所: 沖縄国際大学
発表申込み締め切り: 2020年1月15日(水)JST
■基調講演
基調講演にはハワイ大学の William O'Grady 氏をお迎えし、Language Endangerment and Language Revitalization in East Asia: The Role of Experimental Linguisticsというテーマでお話をいただきます。
■特別セッション
2つの特別セッションを企画します。1つは「危機言語タロコ語から読み解く言語政策と言語メカニズムの普遍性と個別性」に関する英語シンポジウムで、もう1つは「第二言語習得からみる言語の発達と教育」に関する英語によるフォーラムになる予定です。
■会場
大会会場の沖縄国際大学は、那覇空港からバスで60分、またはタクシーで40分です。または、那覇市中心にある「那覇バスターミナル」から98番(琉大北口行き)・110番(長田具志川線)バスに乗車「沖縄国際大学前」バス停下車で、所要時間40分です。
 https://www.okiu.ac.jp/access
■発表申し込み
JSLS2020では(1)口頭発表および(2)ポスター発表の2つの形態で、日本語または英語での研究発表を募集いたします。発表内容は、言語科学に関するすべてのトピックを歓迎いたします。口頭発表またはポスター発表のどちらでも希望できますが、口頭発表のみJCHAT賞:@優秀論文賞 および A優秀論文賞(JCHAT/CHILDES利用)の対象となります。大会ハンドブック掲載のアブストラクトは、PDFファイルで、大会ホームページ上で学会会員だけがアクセスできる方法で公開します。
■大会ウェブサイト
申し込み方法の詳細などは、近日中に大会ホームページで公開されます。
 http://jsls.jpn.org/jsls2020/
みなさまのご応募をお待ちしております。
 言語科学会第22回国際年次大会実行委員長
 里 麻奈美(沖縄国際大学)
ご質問はこちらへ jsls-conf@googlegroups.com
言語科学会ホームページ: http://www.jsls.jpn.org/

イベントのお知らせ (2019年10月30日)

公益社団法人日本語教育学会2019年度秋季大会一般公開プログラム
「地域を支える多文化人材のキャリア」

日時: 2019年11月23日(土) 10:00-12:00
会場: 島根県産業交流会館(くにびきメッセ)多目的ホール(島根県松江市)
登壇者:
〈パネリスト〉
 青晴海氏(島根大学国際交流センター 教授)
 小菅扶温氏(株式会社ヒューマンサポートジャパン 代表取締役社長)
 村谷エレナ氏(フジアルテ株式会社、NPOエスペランサ「いずも多文化こどもプロジェクト」スタッフ)
 岩ア美保子氏(公益財団法人しまね国際センター スタッフ ポルトガル語相談員)
〈進行〉
 仙田武氏(公益財団法人しまね国際センター 多文化共生推進課長)
 土井佳彦(公益社団法人日本語教育学会社会啓発委員)
※参加費無料・事前予約不要・当日直接会場にお越しください。
詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.nkg.or.jp/wp/wp-content/uploads/2019/10/2019autumn-special.pdf
◆11月23日(土)午後〜24日(日)の発表・各種企画へのご参加もお待ちしております。
※別途参加費・申し込みが必要です。詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.nkg.or.jp/jissensha/taikai

イベントのお知らせ (2019年10月1日)

第20回日本第二言語習得学会 国際年次大会(J-SLA2020)設立20周年記念大会

◆日程: 2020年8月21日(金)〜23日(日)
◆場所: あざれあ「静岡県男女共同参画センター」
◆アクセス: https://www.azarea-navi.jp/shisetsu/access/
◆基調講演者:
 Lydia White (McGill University)
 Robert M. DeKeyser (University of Maryland)
◆発表申込締切:2020年2月28日(金) 11:59pm(日本時間)
* 詳細は随時J-SLAウェブサイにてお知らせいたします。
 Japanese: http://www.j-sla.org/
 English: http://www.j-sla.org/en/

>> 終了したイベントはこちら

↑上にもどる

↑上にもどる