〈言語系研究機関リンク〉


2019年度公開シンポジウム
言語系学会連合・日本英語学会共催
テーマ:
 「ことばは現実をどう捉えるか ─ことばの対照研究のおもしろさ─」
日時: 2019年11月9日(土) 15:15〜18:00
会場: 関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス G号館3階301教室
 (〒662-8501 兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155)
参加費無料・事前登録不要
司会: 廣瀬幸生(筑波大学)
講師:
松本 曜(国立国語研究所)
 「移動事象の言語化:実験調査による英語と日本語との対照」
井上 優(麗澤大学)
 「話し手の気持ちは言語にどう反映されるか─日本語と中国語の場合─」
岡本順治(学習院大学)
 「ドイツ語の心態詞と日本語の終助詞を使った『驚き』と『独白』の表示:その共通性と違い」
渡邊淳也(東京大学)
 「フランス語の語彙の抽象性・操作性と日本語の語彙の具象性・指示性」
詳細: ご案内ポスター
問合せ先:
 言語系学会連合 uals.office@gmail.com
 日本英語学会 elsj-info@kaitakusha.co.jp

教員養成系・人文社会科学系学部の
廃止・転換を求める国立大学改革について
 言語系学会連合は、日本学術会議幹事会が2015年7月23日に発表した声明文 「これからの大学のあり方 ―特に教員養成・人文社会科学系の あり方― に関する議論に寄せて」 を全面的に支持します。(2016年6月20日)

http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-kanji-1.pdf


平成28年熊本地震被災者へのお見舞い
 この度の平成28年熊本地震 (2016年4月) により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

平成28年熊本地震関連多言語情報ページ (日本中国語学会)
 日本中国語学会から、九州地方における地震に際し、多言語・情報弱者対応災害支援リンク集開設のご案内がありました。加盟学会の皆さまにお使いいただき、 また多言語による支援を必要とする被災者の方がおられましたら、このリンク集をお知らせください。
Multilingual Disaster Support Information / Support for Information for Challenged People
網站彙整: 多語種災害救援資訊/為信息弱勢群体的災害救援服務
 http://www.chilin.jp/dz/dz2.html

UALSからのお知らせ

イベントのお知らせ (2019年10月1日)

 2019年10月12日(土)午後に、慶應義塾大学三田キャンパスにて「日本認知言語学会20周年記念式典」を開催いたします。概要は、以下のポスター(PDFファイル)をご参照ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

イベントのお知らせ (2019年10月1日)

第20回日本第二言語習得学会 国際年次大会(J-SLA2020)設立20周年記念大会

◆日程: 2020年8月21日(金)〜23日(日)
◆場所: あざれあ「静岡県男女共同参画センター」
◆アクセス: https://www.azarea-navi.jp/shisetsu/access/
◆基調講演者:
 Lydia White (McGill University)
 Robert M. DeKeyser (University of Maryland)
◆発表申込締切:2020年2月28日(金) 11:59pm(日本時間)
* 詳細は随時J-SLAウェブサイにてお知らせいたします。
 Japanese: http://www.j-sla.org/
 English: http://www.j-sla.org/en/

イベントのお知らせ (2019年9月12日)

「日本第二言語習得学会・秋の研修会」

開催日: 2019年10月27日(日)
場所: 日本大学商学部砧キャンパス
アクセス: http://www.bus.nihon-u.ac.jp/access/
テーマ: Empty Categories in Second Language Acquisition
発表者:
 中山峰治氏(オハイオ州立大学)・吉村紀子氏(静岡県立大学)
 宮本陽一氏(大阪大学)
 大滝宏一氏(金沢学院大学)
* 詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。
 http://www.j-sla.org/ (Japanese)
 http://www.j-sla.org/en/ (English)

イベントのお知らせ (2019年9月12日)

2019年度JACET英語辞書研究会:「英和辞典を日本語から考える」

 英和辞典について、英和辞典編纂の現場から吉村由佳先生、そして告知と同時にチケットが完売する「国語辞典ナイト」のレギュラーメンバーである飯間浩明先生と見坊行徳氏を迎えて考えます。英語辞書、日本における辞書研究を新しい角度から見つめ直し、新たな交流を生み出すような機会にできるよう、皆さまのご参加をお待ちしています。
日時: 2019年10月19日(土) 13:00〜16:20
会場: 早稲田大学11号館4階
参加費: 1,000円
* どなたでもご参加いただけます。研究会へのご参加にはご予約は不要です。
12:30 受付開始
13:00 開会の辞
Part 1 「英語辞書のヒトと国語辞書のヒトが見る「英和辞典」」
司会: 小室夕里(中央大学)
13:05〜13:30 「辞書作成の現場からみた英和辞典の訳語」
 吉村由佳(『ウィズダム英和辞典』編集委員)
13:30〜14:10 「英和辞典のちょっと気になる日本語」
 見坊行徳(国語辞書マニア・校閲者)
14:10〜14:20 Q&A
14:20〜14:50 休憩(参加交流&展示)
Part 2 飯間浩明先生(国語辞典編纂者)ご講演
司会: 大塚みさ(実践女子大学短期大学部)
14:50〜15:50 「国語辞典の説明をどう手入れするか」
 講演者の携わる『三省堂国語辞典』は、1960年に初版が出て以来、60年近くの歴史を経てきています。これだけの年月が経つと、基本的な項目の説明(語釈)も大きく修正する必要が出てきます。これを「手入れ」と呼んでいます。手入れする理由は、大きく分けて2つです。すなわち、「意味が変わったから」そして「付加情報が必要になったから」。説明に添える例文は、以前はさほど重要視されなかったのに、現在ではぜひとも必要になりました。あるいは、語源や類義語、敬語法など、その後にまつわるさまざまな情報も求められるようになりました。辞書をめぐる環境が激変するなか、作り手はどのようにして読者の要求に応えていけばいいかを考えます。
15:50〜16:10 Q&A
16:20 閉会の辞
17:00〜19:00 懇親会@New School http://newschool.jp (3,000円)
* 参加をご希望の方は、10月12日(土)21時までに申し込みフォーム(https://forms.gle/Xm1YQuirPidASKHTA)にてお申し込みください。
問い合わせ先: 井上亜依(防衛大学校)
 aiinoue&nda.ac.jp(&を@に変えてください。)

イベントのお知らせ (2019年9月12日)

第25回ATEM(映像メディア英語教育学会)全国大会

【日時】10月19日(土) 10:00〜17:25
【会場】京都女子大学(〒605-8501 京都市東山区今熊野北日吉町35) A校舎
【テーマ】映像メディアで高める発想力と発信力/Developing Creativity and Communicativity through Multimedia
【特別シンポジウム】
 The Power of Ideas: Engaging students with TED Talks
 Klaphake, Jay (Kyoto University of Foreign Studies)
 McGregor, Angus (Kyoto Gaidai Nishi High School)
 Ramsden, Takako (Kyoto University of Foreign Studies)
 Shiomi, Kayoko (Ritsumeikan University)
【特別発表】
 Transmediating Visual Learning with the (R)-Generations:
 A cross learning framework design
 講師: Lee, Yun Joon “Jason” (Daegu National University of Education)
【シンポジウム】
 Designing Curricula with a CLIL Perspective: The power of multimedia (北海道支部)
 Using Student-generated Digital Media Products for Foreign Language Learning: How, why, and the practical benefits (東日本支部)
 映画『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)の英語学習法 (中部支部)
 The TV Corpusを活用した英語教育 (西日本支部)
 英語文学教育と映像メディアの接点を模索する (九州支部)
その他、研究発表 33件
【学会ウェブサイト】http://atem.org/
【大会プログラム】
 http://www.atem.org/images/program/program_2019.pdf
【お問い合わせ先】藤枝善之 y_fujie@kufs.ac.jp

イベントのお知らせ (2019年9月1日)

公益社団法人日本語教育学会主催
「日本語教育推進法を知ろう! 〜あなたはどうする?〜」

■日時・会場(両会場の内容はほぼ同じです)
関西(京都)
 2019年10月19日(土) 13:00〜17:00
 龍谷大学深草キャンパス(22号館102教室)
関東(東京)
 2019年10月26日(土) 13:00〜17:00
 武蔵野大学有明キャンパス(3号館301号室)
■プログラム

第1部 「日本語教育推進法を知ろう 〜いろはのい〜」 13:10〜14:00
講師:
 関西会場 石原進氏(日本語教育情報プラットフォーム代表世話人)
 関東会場 神吉宇一氏(武蔵野大学准教授)

第2部 講演「日本語教育推進法の成立とこれから」 14:00〜15:00
講師: 中川正春氏(日本語教育推進議員連盟会長代行)

第3部 質疑 15:20〜15:50

第4部 意見交換「あなたはどうする?」 16:00〜16:30

閉会 16:30〜16:40
フリートーク 16:40〜17:00

■参加費: 一般 1,500円,日本語教育学会会員 1,000円
■定員: 各会場 150名(要事前申込・定員になり次第締切)
申込方法等詳細は以下のURLをご覧ください。
http://www.nkg.or.jp/wp/wp-content/uploads/2019/08/2019oct_suishinhou.pdf

>> 終了したイベントはこちら

↑上にもどる

↑上にもどる