電子書籍は本の夢を見るか-本の未来と印刷の行方-

2015年2月10日

印刷学会出版部刊 

四六並製 210ページ

ISBN978-4-87085-218-1

1600円+税

本人コメント 

電子書籍は実は「夢」なのではないか。デジタルの使い勝手を極めれば、限りなくWevページ化してしまう。本の真似をするだけなら紙の本を読めばいいこと。また、電子書籍と呼ばれる端末は少し大きければタブレットPCと言われ、小さければスマホと呼ばれる。どちらにしても、電子書籍にはアイデンティティが存在しない。この時代の印刷と本をめぐる数々のエピソードを綴った「若旦那のIT奮闘記」シリーズ第5段。

帯のあおり

スマートフォン、タブレットPC、TV会議、バーチャルアイドル、電子書籍―…。
高速インターネットで、便利に豊かに回る社会。
その一方で、二千年以上人間とともにあり、その文化の根幹を形づくってきた「本の存在が揺らいでいる。
本の歴史とICT技術の発展の、双方を見つめ続けてきた著者が、老舗印刷会社の経営者として、研究者として、パソコンマニアとして、父親として、愛書家として、「本」と印刷、そして情報化社会を生きる人間の今と未来を語る。

目次

はじめに

第一章 人間と本
「本」ってなに
大震災の少年ジャンプ
三代の文学全集
二年目の電子書籍抵抗勢力
本を処分する
本の解剖学
紙の復権

第二章 コンピュータで情報を読む
デジタル時代の本のかたち
  CD–ROMの登場
  すべてはインターネットへ
  そして電子書籍
電子書籍の作り方
電子書籍で『我、電子書籍の抵抗勢力たらんと欲す』を出す
iPadブーム
iPadの実用性
画面は横長、紙面は縦長
電子書籍と明朝体
電子マンガの次巻はまだか
日本語オンラインジャーナルを目指して
PDFではなぜだめか
若旦那の電子書籍二年
電子出版EXPOに見る印刷屋の未来

第三章 インターネットと人間
ICTで便利な世の中
日曜研究者はネットで
今日からスマホ
次はフェイスブック
四年目のパソコン
ベッドサイドのタブレット交替
どこでもコンピュータ
大人になったIT少年
スカイプでTV会議
かみたのみの終焉
電子式年遷宮挙行
方眼紙エクセル
初音ミクを知っていますか

第四章 本の未来をめぐる攻防
本づくりの歴史
  私は印刷業を生業とする家に生まれた
  活版の時代
  写植とモノタイプ
  月面着陸と電子組版
  私の個人的体験
  電算写植からさらにDTP、電子書籍へ
活版博物館から
モノタイプを知っていますか
寅さんとタコ社長
マッキントッシュ三〇年
IVSで漢字コード問題は終わるか
CTP三代目
オフセットの搬出
ドルッパへ行こう
印刷機メーカーさんへ
本はまず機械が読む
たかが名刺されど名刺
「紙の」校正
卵の殻
業態変革という名の空中戦
私が前進しているのである