トップページ
お知らせ
学会賞など
男女共同参画
資料室
講演会
englishpage

男女共同参画推進委員会とは

 男女共同参画の実現は,21世紀の日本社会の最重要課題と位置づけられ,1999年6月に「男女共同参画社会基本法」が交付・施行されました.同法では,「少子高齢化の進展,国内経済活動の成熟化等我が国の社会経済情勢の急速な変化に対応していく上で,男女が,互いにその人権を尊重しつつ責任も分かち合い,性別にかかわりなく,その個性と能力を十分に発揮することができる男女共同参画社会の実現は,緊要な課題となっている」と記されています.

 その後,自然科学分野における男女共同参画推進を目的として関連学協会が連合してこの問題に取り組むため,2002年10月に「男女共同参画学協会連絡会」が発足しました.この連絡会の多方面への働きかけが功を奏し,第3期科学技術基本計画には自然科学系全体で女性研究者の採用割合について25%(理学20%,工学15%,農学30%,保健30%)をめざすことが盛り込まれました.これを受け,2006年度から女性研究者支援のための様々な施策等が開始されました.すなわち,女性研究者支援モデル育成(科学技術振興調整費),復帰支援特別研究員制度(学術振興会),女子高生の進路支援(基盤政策課),男女共同参画室の設置(科学技術振興機構)等が相次いで始まりました.

 このような中,日本育種学会では,他学会と連携して男女共同参画に取り組むため,2006年4月に「男女共同参画学協会連絡会」に正式加盟しました.また,この問題に関する学会員の意識の向上と学会活動における男女共同参画の実現を目指して,2007年4月に「男女共同参画推進委員会」を発足させました.

 「男女共同参画推進委員会」では,会員の皆様からのご意見をもとに,男女がともに能力を発揮できる自然科学分野の実現に向け,学会の内外で可能な活動を着実に進めて行きたいと考えております.

委員会メンバー

男女共同参画推進委員会 委員一覧

委員長

佐々 英徳(千葉大学園芸学部)

委員

高野 哲夫(東京大学大学院農学生命科学研究科)

江花 薫子(農研機構)

川浦 香奈子(横浜市立大学木原生物学研究所)

最相 大輔(岡山大学資源植物科学研究所)

中園 幹生(名古屋大学大学院生命農学研究科)

(c)2005 Japanese Society of Breeding. All rights reserved.