大会参加へのお誘い

2016年6月30日

日本育種学会会員各位

会員の皆様におかれましては,ますますご活躍のことと存じます。

さて,今年の秋の育種学会(第130回講演会)は,9月24日(土),25日(日)に,鳥取大学鳥取キャンパスで,市民公開シンポジウムは26日(月)に,鳥取大学乾燥地研究センターで開催されます。

講演申し込みなどの締め切りは以下の通りです。

講演申し込み 7月5日
講演要旨の登録 8月2日
参加申し込み 8月26日

鳥取キャンパスは,鳥取駅からJR山陰本線2駅目の「鳥取大学前」のすぐ近くにあり,とても便利です。ただし便数が少ないので,ぜひ時刻表を調べてください。一方,乾燥地研究センターのアクセスは良くありません。26日の公開シンポジウムには,鳥取駅前から専用のバスを運行いたします。

鳥取県は新鮮な食品が豊富で,県のキャッチフレーズも「食のみやこ鳥取県」です。この学会の時期は連休であることもあり,宿泊の予約を早めにすることをお勧めします。鳥取キャンパスも乾燥地研究センターも,ユネスコ世界ジオパーク内にある風光明媚な所です。鳥取キャンパスは日本一大きい「池」である湖山池を望み,2基の前方後円墳をもつ古砂丘の上にあります。また,乾燥地研究センターはかつて鳥取砂丘の中にありましたが,今は緑化され森に囲まれています。

運営委員会といたしましては,ランチョンセミナーを取り入れるなど,プログラムの編成作業に工夫して充実した学会となるよう努力して参りますので,是非多数の方にご参加いただきますようお願いいたします。

あらためまして,多くの方のご講演と大会ご参加をお願い申し上げます。

2016年秋季大会運営委員会委員長
辻本 壽

講演会概要

第130回講演会ならびに第58回シンポジウムを下記の通り開催しますので,多数御参加くださいますようご案内致します.本講演会の一般講演はプロジェクターによる口頭発表およびポスター発表で行います.なお,口頭発表は9月24日(土)の午前と9月25日(日)の午後,ポスター発表は9月25日(日)の午前です.

●演題情報登録・修正期間:平成28年6月1日(水)~平成28年7月5日(火)
●要旨本文登録・修正期間:平成28年6月1日(水)~平成28年8月2日(火)

●参加登録期間:平成28年6月1日(水)~平成28年8月26日(金)

開催地

鳥取大学鳥取キャンパス(鳥取市湖山町南4丁目101番地)

日  程

  午 前 午 後 夕 方
9月23日
(金)
  代議員会  
9月24日
(土)
口頭発表 シンポジウム・ワークショップ 懇親会
9月25日
(日)
ポスター発表 口頭発表  
9月26日
(月)
市民公開シンポジウム
「国際的視野で食糧問題を解決する育種学研究の最前線―第二の緑の革命のために―」
   

会 場

○一般講演 口頭発表:共通教育棟
ポスター発表:第1体育館

○シンポジウム:共通教育棟
○代議員会:農学部大会議室
○懇親会:ホテルモナーク鳥取 2F 仁風の間(鳥取市永楽温泉町403)
○市民公開シンポジウム:鳥取大学乾燥地研究センター多目的室(鳥取市浜坂1390)

市民公開シンポジウム

国際的視野で・・・
食料問題を解決する育種学の最前線
-第二の緑の革命のために-

日時:平成28年9月26日
時間:午前9時~12時
場所:鳥取大学乾燥地研究センター
   多目的室

人類が直面する最大の課題である食料問題について、育種学(品種改良の科学)の立場からその解決策を提案します.

プログラム
9:00-9:30 地球環境、食糧生産、今世界で起こっていること
   辻本 壽(鳥取大学乾燥地研究センター)
9:30-10:00 根系改良がもたらす青の革命 ~干ばつに強い作物開発をめざして~
   宇賀優作(農研機構・次世代作物開発研究センター)
10:00-10:30 ワイルドはセクシーである ~アズキのなかまがもつ多様性と可能性~
   内藤 健(農研機構・遺伝資源センター)
10:30-10:40 休憩
10:40-11:10 花咲か爺さんの灰をめざして ~花成フロリゲンの秘密を探る~
   辻 寛之(横浜市立大学木原生物学研究所)
11:10-11:40 パネルディスカッション
11:40-12:10 乾燥地研究センター見学

市民公開シンポジウム ちらし(PDF)

【連絡バスを運行します】
鳥取駅南口8:30 → 乾燥地研究センター 8:50
乾燥地研究センター12:15→鳥取大学12:35

連絡先
鳥取大学乾燥地研究センター 辻本 壽
〒680-0001 鳥取市浜坂1390
電話:0857-21-7213
E-mail: jsb130<at>alrc.tottori-u.ac.jp

プログラム

一般発表プログラムは9月上旬に公開の予定です.

※発表者に無許可でポスター,口頭発表・シンポジウム講演スライドを撮影することは禁止されています.

参加申し込み方法・費用

参加申し込み方法

参加希望者は,オンライン大会登録受付システムで参加登録を行ってください.また,育種学研究18巻2号にはさみ込みの振替用紙(手数料不要)に必要事項を記入の上,参加費・懇親会費を8月26日までに振り込んでください. 郵便局備えつけの振替用紙をご使用の場合は,通信欄に「日本育種学会第130回講演会参加申し込み」,氏名,所属,電話番号,オンライン参加申し込み時に発行される参加受付番号,会員種別(一般会員・学生会員・非会員等),懇親会の参加・不参加をご記入ください. 一旦振り込まれた費用は返却できませんのでご注意ください.

オンライン大会登録受付システムで登録していただいた方には,事前に参加証をハガキにてお送りしますので,当日の受付をスムーズに行うことが可能です.入金されてもオンライン登録されない場合や,オンライン登録されても入金が確認できない場合は,当日の受付に時間がかかりますので,ご協力をお願いいたします.

郵便振替口座番号 00950-7-209987
一般社団法人日本育種学会第130回講演会

8月26日まで(郵便振替による前納)

参加費:一般会員9,000円,学生会員5,000円,非会員10,000円,非会員(所属機関・団体が賛助会員):9,000

懇親会費:一般6,000円,学生3,000

非会員(所属機関・団体が賛助会員)の参加申込については,こちらをご確認ください.

8月27日以降(当日受付のみ)

参加費:一般会員10,000円,学生会員6,000円,非会員11,000円,非会員(所属機関・団体が賛助会員):10,000

懇親会費:一般7,000円,学生4,000

当日参加をご予定の方は,あらかじめ当日参加申込用紙(PDF)をダウンロードして必要事項をご記入いただき,参加費とともに当日参加受付窓口までお持ちください.
(同じ用紙は会場にもご用意しておりますが,受付時間の短縮にご協力をお願いいたします.)

※参加費には講演会要旨集代3,000円が含まれます.
※懇親会は当日申し込まれてもお受けできないことがあります.
※学生会員には割引が適用されます.前納・当日受付を問わず,受付にて学生証を提示してください.
学生証を提示されない場合は一般会員の費用が適用されますので,前納の方は差額をお支払いいただきます.

大会に参加せず,講演会要旨集の購入のみを希望される方は,学会事務取扱係までご連絡くださいますようお願い申し上げます.大会終了後,講演会要旨集を発送いたします.
講演会要旨集代:3,000円×冊数+送料(実費)
振込手数料:購入者負担

※関連学会のご案内

日本作物学会 9月10日~11日 龍谷大学

園芸学会 9月10日~12日 名城大学

日本遺伝学会 9月7日~9日 日本大学

保育室

9月24日(土),25日(日)はキャンパス内に保育室を開設します.詳細は追ってご案内いたします.利用予定の方は,8月2日(火)までに利用希望の旨をあらかじめ大会サポートデスクまでご連絡ください.

大会運営委員会

〒680-0001 鳥取市浜坂1390
鳥取大学乾燥地研究センター分子育種学研究室
一般社団法人日本育種学会第130回講演会運営委員会
電話:0857-21-7213
FAX:0857-29-6199
E-mail:jsb130<at>alrc.tottori-u.ac.jp(<at>を@に変えてお送りください)

大会サポートデスク

〒602-8048
京都市上京区下立売小川東入る中西印刷株式会社学会フォーラム内
一般社団法人日本育種学会第130回講演会サポートデスク
電話: 075-415-3661 Fax: 075-415-3662
E-mail: jsb_130<at>nacos.com(<at>を@に変えてお送りください)
参加・講演の申込みや各種書類発行に関するお問い合わせ,保育室申込みについては大会サポートデスクまでご連絡ください.

(c)2005 Japanese Society of Breeding. All rights reserved.