トップページ
お知らせ
学会賞など
男女共同参画
資料室
講演会
englishpage

2011年 春季大会(119回) 横浜市立大学 記者発表資料

(震災の影響で講演会・記者発表ともに中止)

概要

(1)講演番号:223
「エピジェネティックな変化を誘導することで遺伝子組換えによらずに形質を変化させた植物体の作出」
金澤章・稲場純一・志村華子・太田垣駿吾・塚原小百合・松澤章彦・金甫民・後藤一法・増田税(北海道大学大学院農学研究院)

(2)講演番号:306
「分子マーカー技術とF1 ハイブリッド育種の組み合わせによる超多収・良食味イネの育成」
地主建志・森中洋一・高師知紀・香村敏郎・松岡信・北野英己((株)ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン,名古屋大学生物機能開発利用研究センター)

(3)講演番号:324
「リグニン生合成酵素Cinnamyl alcohol dehydrogenase (CAD) 欠損がイネの植物体強度と稲ワラの酵素糖化性に及ぼす影響」
森中洋一・西村明日香・平野恒・保浦徳昇・Reynante Ordornio・北野英己・松岡信((株)ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン,名古屋大学生物機能開発利用研究センター)

(c)2005 Japanese Society of Breeding. All rights reserved.