トップページ
お知らせ
学会賞など
男女共同参画
資料室
講演会
englishpage

2008年度  日本育種学会賞等 受賞者

学会賞

谷坂隆俊(京都大学大学院農学研究科)
「イネ有用遺伝子の探索・同定とゲノム多様化機構の解明」

廣近洋彦(農業生物資源研究所)
「イネ内在性レトロトランスポゾンTos17の発見とその育種基盤利用への貢献」

長野県農事試験場オオムギ品種「ファイバースノウ」育成グループ
(代表者:牛山智彦)

「高品質食用大麦品種「ファイバースノウ」の育成」

奨励賞

岩田洋佳(中央農業総合研究センター)
「育種学情報のデータマイニングと効率的解析のためのプログラム開発」

藤野賢治(ホクレン農業協同組合連合会)
「イネの高緯度地域への適応形質に関する遺伝・育種学的研究」

功労賞

・秋濱友也(編集委員20年,常任幹事4年)
・稲津厚生(常任幹事8年,会計監事8年)
・中島皐介(編集委員長,編集委員12年,常任幹事4年)
・生井兵治(編集委員19年,常任幹事6年)

論文賞

〈日本育種学会論文賞第11号〉
論文名:Development of mini core collection of Japanese rice landrace (日本在来イネ品種ミニコアコレクションの作成)
著者名:Ebana, K., Y. Kojima, S. Fukuoka, T. Nagamine and M. Kawase(江花薫子,小島洋一郎,福岡修一,長峰 司,河瀬真琴)
掲載誌:Breeding Science 58 (3): 281-291

〈日本育種学会論文賞第12号〉
論文名:Marker enrichment and construction of haplotype-specific BAC contigs for the polyembryony genomic region in Citrus.(カンキツにおける多胚性遺伝子座ゲノム領域のマーカー高密度化とハプロタイプ特異的BACコンティグ構築)
著者名:Nakano, M., T. Shimizu, H. Fujii, T. Shimada, T. Endo, H. Nesumi, T. Kuniga and M. Omura(中野道治,清水徳朗,藤井 浩,島田武彦,遠藤朋子,根角博久,國賀 武,大村三男)
掲載誌:Breeding Science 58 (4): 375-383

(c)2005 Japanese Society of Breeding. All rights reserved.