トップページ
お知らせ
学会賞など
男女共同参画
資料室
講演会
englishpage

2009年度  日本育種学会賞等 受賞者

学会賞

荻原保成(横浜市立大学木原生物学研究所)
「コムギの核および細胞質ゲノムにおける機能ゲノム科学の展開」

松岡 信(名古屋大学生物機能開発利用研究センター)
「植物ホルモンの分子生物学的作用機構解明と分子育種による作物の改良」

「コシヒカリ新潟BLシリーズ」開発グループ
(代表者:石崎和彦)

「新潟県における「コシヒカリ新潟BLシリーズ」の開発と普及」

奨励賞

竹内善信(独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 作物研究所)
「イネにおける品質・食味関連形質の遺伝解析とその育種的利用」

佐藤 豊(名古屋大学大学院生命農学研究科)
「イネのシュート構築機構の解明」

塚崎 光(独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所)
「SSRマーカーを利用したネギ育種における応用研究」

功労賞

授賞者なし

論文賞

〈日本育種学会論文賞第13号〉
論文名:A major QTL, qPDH1, is commonly involved in shattering resistance of soybean cultivars.
著者名:Tetsuya Yamada, Hideyuki Funatsuki, Seiji Hagihara, Shohei Fujita, Yoshinori Tanaka, Hiroyuki Tsuji, Masao Ishimoto, Kaien Fujino and Makita Hajika
掲載号・頁:Breeding Science 59(4): 435-440

論文名:A novel mutant gene for (1-3, 1-4)-β-D-glucanless grain on barley (Hordeum vulgare L.) chromosome 7H.
著者名:Takuji Tonooka, Emiko Aoki, Toji Yoshioka and Shin Taketa
掲載号・頁:Breeding Science 59(1): 47-54

論文名:A novel quantitative trait locus, qCL1, involved in semi-dwarfism derived from Japanese rice cultivar Nipponbare.
著者名:Kiyosumi Hori, Toshio Yamamoto, Kaworu Ebana, Yoshinobu Takeuchi and Masahiro Yano
掲載号・頁:Breeding Science 59(3): 285-295

第116回講演会日本育種学会優秀発表賞

2009年日本育種学会秋季大会(第116回講演会)における日本育種学会優秀発表賞が下記の13課題に決定されました.

講演番号107
イネのABCトランスポーターRCN1は耐湿性獲得に重要な根への効率的酸素運搬に関与する
○中村元昭1・塩野克宏1・安藤美保1・松尾優一1・士反伸和2・藤本優1・高橋宏和1・高牟礼逸朗3・矢崎一史2・堤伸浩1・中園幹生1・加藤清明4(1. 東大農学生命科学 2. 京大生存圏研究所 3. 北大農院 4. 帯広畜産大)

講演番号202
イネ転移因子の爆発的増殖がもたらす遺伝子制御網への影響
○内藤健1,2・F. Zhang1・築山拓司2・斉藤大樹2・奥本裕2・S. Wessler1・谷坂隆俊1(1. 京大院農学 2. ジョージア大植物科学)

講演番号209
浮イネ関連遺伝子Snorkel1およびSnorkel2の機能解析
○服部洋子1・永井啓祐1・古川静佳1・宋献軍1・榊原均2・松岡信1・森仁志3・芦苅基行1(1. 名大生物機能 2. 理研 植物科学センター 3. 名大院生命農学)

講演番号312
ビールの泡持ちに関連する大麦育種DNAマーカーの開発
○飯牟礼隆1・木原誠1・伊藤一敏2・林勝弘1・佐藤和広3・武田和義3(1. サッポロビールバイオ研究開発部 2. サッポロビール価値創造フロンティア研究所 3. 岡山大学資源生物科学研究所)

講演番号525
六条オオムギの進化過程
○最相大輔1・P. Mohammad2・小松田隆夫2(1. 岡大資生研 2. 生物研)

講演番号601
イネ DROOPING LEAF (DL) 遺伝子の機能と葉の中肋形成
○大森良弘・平野博之(東大・院理)

講演番号602
葉序を規定するイネDEC遺伝子の単離
○伊藤純一1・榊原均2・長戸康郎1(1. 東大農学生命科学 2. 理研 植物科学センター)

講演番号603
イネの初期生育に異常を示すasy変異体の解析
○細木渉・伊藤純一・長戸康郎(東大農学生命科学)

講演番号607
イネの胚珠分化に異常を示すosmads13変異体の解析
○山木辰一郎1・倉田のり1,2・野々村賢一1,2(1. 遺伝研 2. 総研大生命科学)

講演番号610
オオムギ属における穎花の開閉性に関する種間変異
○石原倫光1・王寧2・小松田隆夫2・掛田克行1(1. 三重大院生物資源学 2. 生物研)

講演番号708
リンゴS遺伝子座に連鎖するF-box遺伝子群の解析
○南川舞1・角井宏行1・古藤田信博2・佐々英徳1(1. 千葉大院園芸 2. 農研機構果樹研)

講演番号719
タペート細胞におけるミトコンドリアダイナミクスの解析
○中島将貴・藤本優・松岡佳奈子・有村慎一・堤伸浩(東大農学生命科学)

講演番号P1-50
イネのカドミウム移行を高める遺伝子qCdT7の単離
○宮舘秀典1・手塚耕一1・安達早希1・平泉彩1・佐藤奈美子1・渡辺明夫1・櫻井健二1・高橋秀和1・川本朋彦2・加藤和直2・小玉郁子2・眞崎聡2・赤木宏守1(1. 秋田県立大生物資源 2. 秋田県農林水産技術センター)

第115回講演会日本育種学会優秀発表賞

日本育種学会では,講演会における優秀な発表に対して「日本育種学会優秀発表賞」を授与し,これを顕彰することになりました.第115回講演会(2009年度春季大会)における同賞受賞者は以下の方々です.

講演番号6
イネの鉄吸収と体内輸送機構を強化した高鉄含有米の作出
○増田寛志1・小林高範1・石丸泰寛1・臼田華奈子1・鈴木基史1・森川クラウジオ健治2・三枝正彦2・高橋美智子1・樋口恭子3・中西啓仁1・吉原利一4・高岩文雄5・森敏1・西澤直子1 (1. 東京大学農学生命科学 2. 東北大学大学院農学研究科 3. 東京農業大学生物応用化学科 4. 電力中央研究所 5. 農業生物資源研究所)

講演番号12
イネの生育過程における遺伝子発現アトラス作成
○佐藤豊・B. Antonio・本山立子・長村吉晃(生物研ゲノムリソースセンター)

講演番号21
イネジャポニカ栽培化過程におけるSemidwarf1の人為選抜の検証
○浅野賢治1・山崎将紀 2・三浦孝太郎1・呉健忠3・江花薫子3・松本隆3・北野英己1・松岡信1・芦苅基行1(1. 名古屋大学生物機能開発利用研究センター 2. 神戸大院農附属食資源教育研究センター 3. 農業生物資源研究所)

講演番号26
Hwc1Hwc2によって生じるイネ雑種弱勢における細胞死
○沖山友哉1・一谷勝之2・藤田雅丈3・倉田のり3・渡部信義1・久保山勉1(1. 茨城大農 2. 鹿児島大農 3. 遺伝研)

講演番号29
イネ品種日本晴-カサラス間におけるT-DNA導入効率の差異
○雑賀啓明・土岐精一(生物研)

講演番号30
イネの収量関連形質に関するQTL解析
○山村卓也1・柴田洋佑2・池田真由子3・高師知紀4・土井一行3・芦苅基行1・松岡信1・北野英己1(1. 名大生物機能開発利用研究センター 2. 愛教大院教育 3. 名大院生命農学 4. HRI-JP)

講演番号78
イネにおける心皮の発生を制御する遺伝子の網羅的解析
○田中若奈・安彦真文・平野博之(東大院・理・生物科学)

講演番号79
イネのPETER PAN SYNDROME遺伝子はjuvenile-adult相転換と光形態成を制御する
○田中伸裕1・伊藤純一1・千徳直樹2・長戸康郎1(1. 東京大学農学生命科学研究科 2. 農業環境技術研究所)

講演番号81
葉や胚の軸構築に関与するADL遺伝子の分子遺伝学的解析
○桧原健一郎・伊藤純一・長戸康郎(東大農学生命科学)

講演番号83
イネ卵細胞におけるミトコンドリアDNA量およびミトコンドリア形態
○高梨秀樹1・大西孝幸1・茂木美来1・岡本龍史2・有村慎一1・堤伸浩1(1. 東大農学生命科学 2. 首都大学東京・理)

講演番号87
減数分裂への移行に必須であるイネ遺伝子の単離と機能解析
○野々村賢一1,4・高嶋和也1・中野睦子1・永口貢1・宮尾安藝雄2・廣近洋彦2・倉田のり3,4(1. 遺伝研実験圃場2. 農業生物資源研3. 遺伝研植物遺伝4. 総研大生命科学)

講演番号89
イネゲノム育種への次世代シークエンシング技術の活用
○松村英生1・阿部陽2・吉田健太郎1・藤部貴宏1・木内豊2・寺内良平1(1. 岩手生物工学研究センター 2. 岩手県農業研究センター)

講演番号97
効率的・低コスト遺伝子型判定のためのdot-blot-SNP法の改良
○汐海沙知子1・白澤健太1,2・西尾剛1(1. 東北大院農学 2. 現: かずさDNA研)

講演番号98
QTL解析を通したイネ根系形態改良の試み
○出口崇・中村真也・山内章・犬飼義明(名大院生命農学)

講演番号123
コムギにおける播性の進化と多様化-Vrn-D1座における塩基配列多型の地理的変異
○芝井哲史・大村泰之・明石由香利・西田英隆・加藤鎌司(岡山大院自然)

講演番号150
パンコムギTILLING系統における穂の形態変異の解析
○高久真実・安諸茉莉子・川浦香奈子・荻原保成(横浜市大木原生研)

講演番号178
ダイズの耐湿性圃場検定法と耐湿性母本
○鴻坂扶美子1・田中義則2・大西志全1・三好智明2・藤田正平1(1. 北海道中央農試2. 北海道十勝農試)

講演番号186
ウイスカー法によるアルツハイマー病エピトープ遺伝子導入形質転換ダイズの作出
○長谷川久和1・西澤けいと2・石本政男2・内海成3・寺川輝彦1(1. 北興化学開発研 2. 北農研 3. 京都大)

講演番号215
Brassica rapa×B. napusから得た後代植物における遺伝子浸透の評価
○赤羽美智子1・金子幸雄1・鄭凡喜1・津田麻衣2・房相佑1・田部井豊2・松澤康男1(1. 宇都宮大農 2. 生物研)

(c)2005 Japanese Society of Breeding. All rights reserved.