トップページ
お知らせ
学会賞など
男女共同参画
資料室
講演会
englishpage

2010年度  日本育種学会賞等 受賞者

学会賞

高畑義人(岩手大学農学部)
「アブラナ類の小胞子形成の遺伝育種学的研究」

中村俊樹(農研機構東北農業研究センター)
「コムギ澱粉変異体の作出とその育種利用に関する研究」

飼料用水稲品種の研究開発グループ(農業・食品産業技術総合研究機構)
(代表者:加藤 浩)

「日本各地に適した稲発酵粗飼料および飼料用米向け水稲品種シリーズの開発」

奨励賞

伊藤純一(東京大学大学院農学生命科学研究科)
「イネにおける葉の分化パターンの分子遺伝学的研究」

佐藤 豊(農業生物資源研究所)
「葉老化に関する分子遺伝学的研究」

犬飼義明(名古屋大学大学院生命農学研究科)
「イネの根系形成機構の解明と育種への応用」

論文賞

論文名:Novel GmFAD2-1b mutant alleles created by reverse genetics induce marked elevation of oleic acid content in soybean seeds in combination with GmFAD2-1a mutant alleles
著者名:Tomoki Hoshino, Yutaka Takagi and Toyoaki Anai
掲載号・頁:Breeding Science 60(4): 419-425

論文名:Genetic structure revealed by a whole-genome single-nucleotide polymorphism survey of diverse accessions of cultivated Asian rice (Oryza sativa L.)
著者名:Kaworu Ebana, Jun-ichi Yonemaru, Shuichi Fukuoka, Hiroyoshi Iwata, Hiroyuki Kanamori, Nobukazu Namiki, Hideki Nagasaki and Masahiro Yano
掲載号・頁:Breeding Science 60 (4): 390-397

論文名:コムギ縞萎縮病抵抗性系統の育成と「Madsen」由来の抵抗性遺伝子YmMDの座乗領域の推定
著者名:竹内 徹, 宗形信也, 鈴木孝子, 千田圭一, 堀田治邦, 荒木和哉, 浅山 聡, 佐藤導謙
掲載号・頁:育種学研究 12(1): 1-8

第118回講演会日本育種学会優秀発表賞

2010年日本育種学会秋季大会(第118回講演会)における日本育種学会優秀発表賞が下記の19課題に決定されました.

講演番号103
mPingはなぜ転移するのか?―エピジェネティックな制御機構から逸脱したイネ転移因子Pingの影響―
○門田 有希1,2,3・内藤 健2・T. Chen2・S. Wessler2・奥本 裕1(1. 京大院農, 2. ジョージア大学植物科学, 3. 日本学術振興会特別研究員)

講演番号104
DNAメチル化がイネ非自律性転移因子mPingの転移に与える効果
○森 奈々子・築山 拓司・寺石 政義・奥本 裕・谷坂 隆俊(京大院農)

講演番号109
ハクサイ根こぶ病抵抗性遺伝子Crr1のマップベースクローニング
○畠山 勝徳1・諏訪部 圭太2・加藤 丈幸1,2・布目 司1・福岡 浩之1・松元 哲1(1. 野菜茶研, 2. 三重大生物資源)

講演番号122
イネの分枝を制御制御するWFP遺伝子は転写時及び転写後抑制による発現制御を受ける
○三浦 孝太郎1,2・池田 真由子2・松原 篤史2・X. Song2・浅野 賢治2,3・松岡 信2・北野 英己2・芦苅 基行2(1. 福井県大生物資源, 2. 名大生物機能開発利用研究センター, 3. 北農研)

講演番号210
マイクロアレイによるイネの根の通気組織形成に関わる分子機構の解析
○山内 卓樹1・塩野 克宏1,2・安彦 友美1・I. Rajhi1・高牟禮 逸朗3・長村 吉晃4・堤 伸浩1・加藤 清明5・中園 幹生1,6(1. 東大農学生命科学, 2. 日本学術振興会特別研究員PD, 3. 北大農院, 4. 農業生物資源研究所ゲノムリソースセンター, 5. 帯広畜産大, 6. 名大院生命農学)

講演番号321
血清コレステロール値低下作用を有するペプチド,ラクトスタチンを胚乳に蓄積したイネの開発
○若佐 雄也1・長岡 利2・高岩 文雄1(1. 生物研, 2. 岐阜大応用生物)

講演番号403
試験管内染色体倍加による自家和合性を示す同質四倍体ナシ属植物の開発
○田平 弘基1・遠藤 貴裕2・米村 善栄2(1. 大山農業改良普及所, 2. 鳥取県園芸試験場)

講演番号406
イネの biotron breeding system; 年6度の戻し交配を可能にする栽培法
○大西 孝幸1・石川 亮2・山川 博幹3・木下 哲1(1. 奈良先バイオサイエンス, 2. 神戸大農学, 3. 作物研稲収量性研究北陸サブチーム)

講演番号502
コムギクラスB MADS-box遺伝子WAP3における同祖遺伝子特異的転写制御システム
○漆川 直希1・半田 裕一2・小川 泰一2・武田 真1・村井 耕二3(1.岡山大植物研, 2. 生物研, 3. 福井県大生物資源)

講演番号520
ニホンナシにおける雌ずい側自家和合性変異ハプロタイプS4smの花粉側特異性の解析
○角井 宏行1・加藤 雅樹2・加藤 修3・北口 美代子3・佐々 英徳2(1. 名大,日本学術振興会特別研究員, 2. 千葉大院園芸, 3. 千葉県農林総研)

講演番号524
ダイコンの細胞質雄性不稔遺伝子orf138を発現する葉緑体形質転換ベクターの作製とそれを用いた稔性回復遺伝子作用アッセイ系の構築
○田中 義行・安本 景太・山岸 博・寺地 徹(京産大総合生命科学)

講演番号526
イネLD型細胞質雄性不稔性に対する稔性回復遺伝子Rf2はグリシンリッチタンパク質をコードする
○板橋 悦子・岩田 夏子・藤井 壮太・風間 智彦・鳥山 欽哉(東北大院農)

講演番号614
plastochron変異体のホルモン応答性と原因遺伝子の過剰発現
○三村 真生1・佐藤 豊2・小嶋 美紀子3・榊原 均3・伊藤 純一1・長戸 康郎1(1. 東大院農学生命科学, 2. 生物研, 3. 理研植物科学センター)

講演番号615
イネ細葉遺伝子SLENDER LEAF1の同定
○吉川 貴徳・伊藤 純一・長戸 康郎(東大院農学生命科学)

講演番号617
イネにおける芒の形成を制御する遺伝子の解析
○鳥羽 大陽・大森 良弘・平野 博之(東大院理)

講演番号P007
自家不和合性を利用したセイヨウアブラナF1品種採種システム
○宇田川 久史・李 鋒・西尾 剛(東北大院農)

講演番号P043
遺伝子組み換えによらない植物細胞へのタンパク質直接導入
○鷲田 治彦1・辻 寛之1・田岡 健一郎1・小嶋 長次郎1,2・島本 功1(1. 奈良先端大・バイオサイエンス, 2. 阪大・蛋白研)

講演番号P057
シロイヌナズナのカドミウム耐性変異体MRC-32の原因遺伝子の解明
○渡辺 明夫・清水 都乃・佐藤 奈美子・高橋 秀和・櫻井 健二・赤木 宏守(秋田県大生物資源)

講演番号P081
多収イネ,ハバタキの穂の着粒構造形成に関わるGn1およびQTLのピラミディング
○池田 真由子1・高師 知紀2・山村 卓也3・保浦 徳昇1・森中 洋一2・土井 一行4・芦苅 基行1・松岡 信1・北野 英己1(1. 名大生物機能開発利用研究センター, 2. HRI-JP,  3. (株)アースノート, 4. 名大院生命農学)

第117回講演会日本育種学会優秀発表賞

2010年日本育種学会春季大会(第117回講演会)における日本育種学会優秀発表賞が下記の15課題に決定されました.

講演番号103
SNPアレイを用いて推定した日本の超多収イネ品種群のゲノム構成
○山本 敏央・米丸 淳一・江花 薫子・矢野 昌裕(農業生物資源研究所)

講演番号105
イネソマクローナルバリエーションの全ゲノム塩基配列解析. 新たな変異リソース
○宮尾 安藝雄1・中込 マリコ1・大沼 貴子1・山形 晴美2・金森 裕之2・伊川 浩司2・高橋 章3・松本 隆1・廣近 洋彦1(1. 生物研基盤, 2. STAFF研, 3. 生物研植物科学)

講演番号107
In plantaアッセイ系によるDNAのメチル化抑制効果をもつ植物成分の検出
○荒瀬 幸子・太田垣 駿吾・喜多村 啓介・金澤 章(北大・院・農)

講演番号113
コシヒカリの第3染色体短腕の良食味QTLにおけるゲノム情報を活用した置換系統群の作出
○堀 清純1・竹内 善信2・長崎 英樹1・安東 郁男2・矢野 昌裕1(1. 生物研, 2. 作物研)

講演番号211
イネにおける遺伝子発現情報データベース「RiceXPro」の構築
○佐藤 豊1・Antonio Baltazar1・竹久 妃奈子1・本山 立子1・杉本 和彦1・南 博2・釜付 香2・並木 信和2・清水 裕司2・長村 吉晃1(1. 生物研, 2. 三菱スペース・ソフトウエア(株))

講演番号406
イネ亜種間交雑で生殖的隔離を引き起こすDOPPELGANGER(DPL)1DPL2の解析
○水多 陽子1,2・春島 嘉章1・倉田 のり1,2(1. 遺伝研・植物遺伝, 2. 総研大生命科学)

講演番号407
花粉形成に必須な遺伝子の重複と喪失がO. sativaO. glumaepatula間のF1花粉不稔の原因となっていた
○山形 悦透1・山本 英司2・安益 公一郎2・Win Khin Thanda1・土井 一行1・Sobrizal1・伊藤 友子3・金森 裕之3・呉 健忠4・松本 隆4・松岡 信2・芦苅 基行2・吉村 淳1(1. 九大院農, 2. 名大生物機能, 3. STAFF研, 4. 生物研)

講演番号501
浸透圧ストレス下でのイネ根系の分枝を促進するLMS1遺伝子の解析
○中村 真也・出口 崇・木富 悠花・山内 章・犬飼 義明(名大院生命農学)

講演番号505
イネ細葉変異体slender leafの解析
○吉川 貴徳・小野 絵里・伊藤 純一・長戸 康郎(東大農学生命科学)

講演番号507
イネのメバロン酸経路の遺伝子SEGMENTED EMBRYOは胚の分割を抑制する
○高階 泰宗・伊藤 純一・長戸 康郎(東大農学生命科学)

講演番号509
イネの穂の分枝形成に関わる花序メリステム決定遺伝子の解析
○安野 奈緒子1・笹尾 真史1・北口 善教1・前川 雅彦2・経塚 淳子1(1. 東大院 農学生命科学, 2. 岡山大 資生研)

講演番号518
オオムギの内穎およびリンピ形成に関わるBPL遺伝子のマッピング
○漆川 直希・山下 優子・武田 真(岡山大学資生研)

講演番号717
イネの耐湿性獲得に重要なRadial O2 lossバリアの形成組織における網羅的遺伝子発現解析
○塩野 克宏1,2・Al Imran Malik3・山崎 聡1・西澤 直子1,4・長村 吉晃5・堤 伸浩1・Timothy D Colmer 3・中園 幹生1(1. 東大農学生命科学, 2. 日本学術振興会特別研究員PD, 3. 西オーストラリア大学, 4. 石川県立大生物資源工学, 5. 農業生物資源研究所)

講演番号720
テオシント(Zea nicaraguensis)の耐湿性に関わる特性
○安彦 友美1・間野 吉郎2・塩野 克宏1,3・堤 伸浩1・中園 幹生1(1. 東大農学生命科学, 2. 農研機構・畜産草地研究所, 3. 日本学術振興会特別研究員PD)

講演番号P018
イネの遺伝子発現ネットワーク構築
○濱田 和輝1・山本 直樹1・望月 孝子2・諏訪部 圭太3・倉田 のり2・矢野 健太郎1(1. 明治大農・バイオインフォ, 2. 遺伝研植物遺伝, 3. 三重大生物資源)

(c)2005 Japanese Society of Breeding. All rights reserved.