トップページ
お知らせ
学会賞など
男女共同参画
資料室
講演会
englishpage

2018年度  日本育種学会賞等 受賞者

学会賞

福岡修一(農研機構次世代作物開発研究センター)
イネのいもち病圃場抵抗性に関する分子育種学的研究

岩手生物工学研究センターゲノム育種研究グループ(寺内良平、阿部陽、高木宏樹)(岩手生物工学研究センター等)
全ゲノム情報をもちいた突然変異遺伝子およびQTL同定法の開発とその活用

農研機構・北海道農業研究センター ダッタンソバ品種「満天きらり」育成グループ
苦味の無いダッタンソバ品種「満天きらり」の育成

奨励賞

小出陽平(北海道大学大学院農学研究院)
イネ種間雑種の生殖隔離障壁の打破に関する遺伝育種学的研究

柿崎智博(農研機構・野菜花き研究部門)
アブラナ科野菜の農業形質に関する分子遺伝学的解析とその育種への展開

吉川貴徳(京都大学大学院農学研究科)
作物における葉の形態形成およびjuvenile-adult相転換に関する分子育種学的研究

論文賞

論文名:Thermo-responsive allele of sucrose synthase 3 (Sus3) provides high-temperature tolerance during the ripening stage in rice (Oryza sativa L.)
著者名:Kana Takehara, Kazumasa Murata, Takuya Yamaguchi, Kohei Yamaguchi, Genki Chaya, Shintaro Kido, Yukimoto Iwasaki, Hitoshi Ogiwara, Takeshi Ebitani, Kotaro Miura
掲載号・頁:Breeding Science 68(3): 336-342

論文名:The cleistogamy of the superwoman1-cleistogamy1 mutation is sensitive to low temperatures during the lodicule-forming stage
著者名:Shinnosuke Ohmori, Setsuo Koike, Takami Hayashi, Tomoya Yamaguchi, Makoto Kuroki, Hitoshi Yoshida
掲載号・頁:Breeding Science 68(4): 432-441

論文名:QTLs maintaining grain fertility under salt stress detected by exome QTL-seq and interval mapping in barley
著者名:Asuka Kodama, Ryouhei Narita, Makoto Yamaguchi, Hiroshi Hisano, Shunsuke Adachi, Hiroki Takagi, Taiichiro Ookawa, Kazuhiro Sato, Tadashi Hirasawa
掲載号・頁:Breeding Science 68(5): 561-570

第133回講演会日本育種学会優秀発表賞

2018年日本育種学会春季大会(第133回講演会)における日本育種学会優秀発表賞が下記の11課題に決定されました.

講演番号513
イネ受精卵へのCRISPR/Cas9ベクターおよびCas9タンパク質-gRNA複合体の直接導入によるゲノム編集技術の確立
☆戸田 絵梨香1,2, 古磯 成美2, 竹林 有理佳1, 市川 雅子3, 木羽 隆敏1, 刑部 祐里子1,4, 岡本 龍史1,2, 加藤 紀夫1,2,3(1理研・RInC, 2首都大・理工・生命科学, 3日本たばこ産業・植物イノベーションセンター, 4徳島大・生物資源)

講演番号517
イネ長穂性を制御する遺伝子Prl5の機能解析
☆縣 步美1, 保浦 徳昇2, 安藤 考紀1, 藤城 靖子1, 池田 真由子2, 松岡 信2, 土井 一行1, 北野 英己2(1名大院生命農学, 2名大生物機能開発利用研究センター)

講演番号103
普通ソバにおけるAmpliSeqを利用した効率的な遺伝解析
☆竹島 亮馬1, 小木曽 映里1, 安井 康夫2, 松井 勝弘1(1農研機構・次世代作物開発研究センター, 2京都大・院農)

講演番号206
野外栽培イネのフロリゲン遺伝子等の深層学習による環境応答モデリング
☆細貝 拓磨, 井澤 毅(東大院農学生命科学)

講演番号P007
イネsugary1変異、及びsugary2変異の胚乳澱粉改変効果
☆中村 哲洋, 熊丸 敏博(九州大・院生資環)

講演番号306
RNA-seqデータからみたエギロプス属Sitopsis節の種間関係とパンコムギBゲノムの起原
☆三木 祐香1, 吉田 健太郎1, 佐藤 和広2, 宅見 薫雄1(1神戸大院農, 2岡山大植物研)

講演番号113
文献情報を用いたGWA解析
☆塩田 将平1, 平野 恒1, 矢野 憲司1,5, 小竹 敬久2, 吉田 晋弥4, 北野 英己3, 松岡 信1(1名古屋大学 生物機能開発利用研究センター 植物分子育種, 2埼玉大学 大学院理工学研究科 生命科学部門, 3名古屋大学 生物機能開発利用研究センター 有用農業形質保存, 4龍谷大学・食農研, 5東京大学 農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 植物栄養・肥料学研究室)

講演番号404
水稲新品種「いちほまれ」の食味特性
☆町田 芳恵, 小林 麻子, 中岡 史裕, 両角 悠作, 冨田 桂(福井県農業試験場)

講演番号110
全ゲノムSNPを用いたGWASにおけるSNP-set解析の可能性
☆石森 元幸1, 鐘ケ江 弘美1, 山﨑 清志1, 高梨 秀樹1, 藤本 優1, 米田 淳一2, 徳永 毅2, 藤原 徹1, 堤 伸浩1, 岩田 洋佳1(1東京大・院農学生命科学, 2アースノート(株))

講演番号202
RNA-seqデータに基づく一粒系コムギのゲノムワイド多型の検出とその利用
☆道川 麻美1, 吉田 健太郎1, 佐藤 和広2, 宅見 薫雄1(1神戸大院農, 2岡山大植物研)

講演番号614
アジアイネとアフリカイネの交雑後代で見出された細胞質雄性不稔性とその稔性回復に関わる新規相互作用の遺伝解析
☆金岡 義高1, 山形 悦透2, 陳 孫禄1, 菊池 駿太1, 小出 陽平1, 安井 秀2, 吉村 淳2, 貴島 祐治1(1北大・院農, 2九大・院農)

第134回講演会日本育種学会優秀発表賞

2018年日本育種学会秋季大会(第134回講演会)における日本育種学会優秀発表賞が下記の10課題に決定されました.

講演番号205
イネ雑種不稔遺伝子S1の中立対立遺伝子作出と原因遺伝子の特定
☆小出 陽平1, 荻野 篤史1, 吉川 貴徳2,3, 北嶋 ゆき1, 齋藤 希1, 金岡 義高1, 大西 一光4, 吉竹 良洋2, 築山 拓司2, 齊藤 大樹2,5, 寺石 政義2, 山形 悦透6, 植村 亜衣子7, 高木 宏樹7, 林 依子8, 阿部 知子8, 福田 善通5, 奥本 裕2, 金澤 章1(1北大, 2京大, 3吉備国際大, 4帯広畜産大, 5国際農林水産業研究センター, 6九大, 7岩手生工研, 8理研)

講演番号203
ジャポニカ型栽培イネ(日本晴)の非脱粒性に関与する新規遺伝子座の離層形成への効果
☆杉山 昇平, 辻村 雄紀, 大塚 宏太郎, Htun, Than Myint, 石井 尊生, 石川 亮(神戸大・院・農学)

講演番号213
オオムギ側列小花の極端な発達抑制による大粒化
☆佐久間 俊1, 小松田 隆夫2(1鳥取大学農学部, 2農研機構)

講演番号209
自家不和合性シロイヌナズナを用いた自家不和合性形質における高温の影響の解析
☆山本 雅也1, 西村 健司2, 北柴 大泰1, 坂本 亘2, 西尾 剛1(1東北大学大学院農学研究科 植物遺伝育種学分野, 2岡山大学資源植物科学研究所 光環境適応研究グループ)

講演番号505
Exome sequencingに基づく日本のウメの遺伝的多様性について
☆沼口 孝司1,2, 赤木 剛士3,4, 北村 祐人1, 大江 孝明1, 石川 亮2, 石井 尊生2(1和歌山・果樹試・うめ研, 2神戸大・院・農学, 3京都大・院・農学, 4JST・さきがけ)

講演番号P040
ゲノムワイドアソシエーション研究(GWAS)のための最適な解析集団はどのように選ぶべきか : イネ遺伝資源の全ゲノム配列を用いたシミュレーション研究
☆濱崎 甲資1, 鐘ケ江 弘美1, 山崎 将紀2, 江花 薫子3, 矢部 志央理4, 中川 博視5, 岩田 洋佳1(1東京大・院農学生命科学, 2神戸大院農附属食資源教育研究センター, 3農研機構 遺伝資源センター, 4農研機構 次世代作物開発研究センター, 5農研機構 農業環境変動研究センター)

講演番号P046
パンコムギにおけるCRISPR/Cas9を用いたTaQsd1全同祖遺伝子のゲノム編集:3. 編集ホモ系統の形質評価
☆ハク エムダドウル1, 安倍 史高1, 林 武司1, 久野 裕2, 田中 剛1, 神谷 容子3, 川浦 香奈子3, 佐藤 和広2(1農研機構・作物開発センター, 2岡山大・植物研, 3横浜市大・木原生研)

講演番号109
オオムギ超開花性突然変異体の原因遺伝子のマッピング
☆濱田 裕司1,2, Anwar, Nadia2, Ning, Shunzong2, Mohammad, Pourkheirandish2, 中川 仁2, 福岡 修一2, 佐久間 俊3, 永野 惇4, Milner, Sara5, Mascher, Martin5, 佐々 英徳1, 木庭 卓人1, 小松田 隆夫1,2(1千葉大・院園芸, 2農研機構・次世代作物開発研究セ, 3鳥取大・農, 4龍谷大・農, 5IPK)

講演番号307
長期的な洪水に適応した浮きイネの起源とその栽培化
☆黒羽 剛1, ワン ダイアン2, マッコーチ スーザン2, 横山 隆亮1, 西谷 和彦1, 芦苅 基行3(1東北大・生命科学, 2コーネル大学, 3名古屋大・生物センター)

講演番号408
NGをPAMとして認識する改変型SpCas9を用いた植物のゲノム編集
☆三上 雅史1,2, 遠藤 真咲2, 遠藤 亮2, 賀屋 秀隆2, 伊藤 剛3, 西増 弘志4, 濡木 理4, 土岐 精一1,2,5(1横浜市大院・生命ナノ, 2農研機構・生物機能利用研究部門, 3農研機構・高度解析センター, 4東大・院理, 5横浜市大・木原生研)

(c)2005 Japanese Society of Breeding. All rights reserved.