English

 

〔旧 名称: 資源処理学会〕

The Resources Processing Society of Japan

This page has been accessed times.




〔図書の紹介〕 粉体精製と湿式処理−基礎と応用− 環境資源工学会編

〜本テキストをテーマにしたワークショップを関西で開催しました。ご参加くださいまして有り難うございました。〜

 

 

Last modified: 2016.07.04 14:50 JST





環境資源工学会のご案内

会長挨拶

概要(環境資源工学会のご案内)

学会沿革(環境資源工学会の歴史)

 

入会のご案内

入会のすすめ

入会申込書(PDF形式)

入会申込の手続き

 

学会誌

環境資源工学(資源処理技術)

RESOURCES PROCESSING

投稿規定 投稿方法

 

例会のご案内

学術講演会最新情報

第136回学術講演会 (未定)

シンポジウムのご案内

シンポジウム最新情報

第32回 〔東京〕

リンク集

関連学協会リンク集

 

環境資源工学会組織

役員 評議員 事務局

環境資源工学会規約(PDF)

環境資源工学会組織図(PDF)

 

データベース(一部公開中)

└論説報文

 J-STAGE(日本語/English) 第51巻1号〜

└総説

└例会

└シンポジウム

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新着情報

 



(過去の新着情報)


2016/06/29



シンポジウム最新情報

 第32回シンポジウム「リサイクル設計と分離精製技術」 ―資源安時代を乗り切るリサイクル事業の新たな展開―

 2016年09月21日(水) 東京都・新橋住友ビル大会議室(東京都港区新橋5−11−3)

 主催: 環境資源工学会・SUREコンソーシアム 

シンポジウムプログラム PDF形式プログラム 

  (速報版として、PDFプログラムをアップしました。プログラムの一部につきましては詳細が決まり次第アップします。)


2016/04/29



〔主催〕 セミナー・学会開催のお知らせ 

第14回資源リサイクルと材料科学に関する日韓国際シンポジウム

  開 催 日: 2016年07月06日(水)〜07月08日(金) 

  会  場: 韓国(仁川)、Gyeong Won Jae Ambassador (http://www.gyeongwonjae.com

  主  催: 環境資源工学会、Korea Institute of Geoscience and Mineral Resources (KIGAM) 、Korean Institute of Resources Recycling (KIRR)

  共  催: 化学工学会環境部会、資源・素材学会、日本金属学会関西支部ほか(予定)

  大会HP: The 14th Japan/Korea International Symposium on Resources Recycling and Materials Science

  詳  細: Final circular (英語)

  会告(日本語) 


2016/05/02



学術講演会最新情報  〔終了しました〕

 環境資源工学会第135回学術講演会 ―環境資源工学会を支える学の分離工学研究―

 ●プログラム (Web版PDF版) 平成28年06月23日(木)(早稲田大学西早稲田(理工)キャンパス 55号館N棟1階大会議室)

 ●参加申込書: Excel版〔電子メール添付用〕・PDF版〔Fax用〕

 ●ポスター発表一覧 Web版|PDF版)


2016/04/29



〔公募〕教員公募のお知らせ

関西大学 環境都市工学部 エネルギー環境工学科 助教の公募  (J-RECIN
  ・専門分野:資源循環工学、環境保全工学、分離工学  助教1名
  ・応募締切:2016年07月08日 必着


2016/02/14



第1回ワークショップ開催のお知らせ

  環境資源工学会第1回ワークショップ

  └基礎粉体精製工学シリーズ(全5回シリーズ)「資源循環・廃棄物処理・排水処理・資源精製のための粉体精製技術 −基礎講座−」

   シリーズT: 2016年02月28日() 京都市・キャンパスプラザ京都 〔終了しました〕

   シリーズU: 2016年03月20日() 京都市・キャンパスプラザ京都 〔終了しました〕

   シリーズV: 2016年04月24日() 京都市・キャンパスプラザ京都 〔終了しました〕

   シリーズW: 2016年05月29日() 京都市・キャンパスプラザ京都  〔終了しました〕

   シリーズX: 2016年06月24日(金) 関西大学百周年記念会館  〔終了しました〕

   ⇒ ワークショッププログラム(6月版) |  参加申込書(xlsファイル)(メール送信のみ、シリーズX)


2015/12/01



役員一覧規約を更新しました。


2015/11/28



〔協賛〕 セミナー・学会開催のお知らせ

企 画:日本機械学会 環境工学部門

  └第26回環境工学総合シンポジウム2016

      ・開催日程:2016年6月29日(水)〜7月1日(金)
      ・開催場所:金沢歌劇座 会議室棟 (石川県金沢市下本多町6番丁27番地)


2015/11/16



環境資源工学会臨時総会開催のお知らせ  〔終了しました。ご協力くださいまして、ありがとうございまた。〕 

 環境資源工学会第134回学術講演会において、環境資源工学会総会を開催します(開催時間 13:30〜13:40)。

 ●新プログラム(Web版PDF版) 平成27年11月26日(木)・27日(金)


2015/09/17



学術講演会最新情報  〔終了しました。ご参加くださいまして、ありがとうございました。〕 

 環境資源工学会第134回学術講演会 −乾式処理、湿式処理によるレアメタルリサイクルの最前線−

 ●プログラム(Web版PDF版) 平成27年11月26日(木)・27日(金)(関西大学100周年記念会館ほか)

 ●ポスター発表一覧Web版|PDF版←最終確定版


2015/10/05



〔協賛〕 セミナー・学会開催のお知らせ

主催:(公社)日本工学会 技術倫理協議会

  ├ 第11回公開シンポジウム

  │   技術倫理の最前線 技術倫理の最前線 技術倫理の最前線〜社会に深く係わる技術の倫理問題を考える〜

  └開催案内・参加申込書(PDF)

 日 時:平成27年11月2日(月)10:00〜17:00 ( 9:30より受付開始 )
 会 場:建築会館ホール 〔〒108-8414 東京都港区芝5-26-20 TEL 03-3456-2051(代)〕


2015/08/02



シンポジウム最新情報 〔終了しました。ご参加くださいまして、ありがとうございました。〕

 第31回シンポジウム「リサイクル設計と分離精製技術」 ―自然由来の重金属類汚染への取り組みとその対策技術―

 2015年09月17日(木) 東京都・新橋住友ビル大会議室(東京都港区新橋5−11−3)

 ⇒シンポジウムプログラム PDF形式プログラム 


2015/06/05



〔協賛〕 セミナー・学会開催のお知らせ

主催:炭素材料学会

  └第42回炭素材料学会年会

      ◆日程: 2015年12月2日(水)〜12月4日(金)
      ◆会場: 関西大学千里山キャンパス 100周年記念会館


2015/06/05



〔協賛〕 セミナー・学会開催のお知らせ

主催:レアメタル資源再生技術研究会

  └第10回レアメタル資源再生技術研究会

      ◆日程: 平成27年7月1日(水)  13:00〜
      ◆会場: ウインクあいち(愛知県産業労働センター) 11階 1103中会議室

            (名古屋市中村区名駅4丁目4−38)


2015/06/05



〔協賛〕 セミナー・学会開催のお知らせ

主催:日本機械学会 環境工学部門

  └第25回環境工学総合シンポジウム2015

      ◆日程: 2015年7月8日(水)〜10日(金)
      ◆会場: 産業技術総合研究所 臨海副都心センター


2015/04/20



〔協賛〕 セミナー・学会開催のお知らせ

主催:世界工学団体連盟 (WFEO), 日本学術会議, WECC2015国内組織委員会, 公益社団法人 日本工学会 

  └世界工学会議(WECC2015)

      ◆日程:11月29日〜12月2日
      ◆会場: 国立京都国際会館


2015/04/16



〔公募〕 公募のお知らせ

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所

  └研究教育職員・女性研究教育職員・事業系研究者・公募要領


2015/04/06



規約改定に伴い、環境資源工学会規約(PDF)環境資源工学会組織図(PDF)を更新しました。


2015/04/06



〔協賛〕 セミナー・学会開催のお知らせ

主催:  一般社団法人日本粉体工業技術協会

  └粉体工業展大阪2015

      ◆日程:平成27年10月14日(水)〜16日(金)

      ◆会場: インテックス大阪(南港)45号館


2015/02/23



環境資源工学(資源処理技術)を更新しました。

  ◆HTML版の「目次」を除き、閲覧可能な各巻・号のJ-STAGEへのリンクを更新しました。


2015/02/23



〔協賛〕 セミナー・学会開催のお知らせ

主催: レアメタル資源再生技術研究会

  └第9回レアメタル資源再生技術研究会

         テーマ:資源リサイクルのグローバル化と国際協力 −新しいリサイクル・ビジネスへの展開−

      ◆日時: 平成27年3月4日(水)  13:00〜17:30 

      ◆会場: 名古屋市工業研究所 管理棟4階 第2会議室(名古屋市熱田区六番3丁目4-41)

      ◆申込締切: 2月27日(金)


2015/02/23



〔協賛〕 セミナー・学会開催のお知らせ

主催: (公社)腐食防食学会

  └第66回技術セミナー 

         主題: 金属材料のリサイクルと防食技術 −リサイクル金属をいかに利用するか−

      ◆日時: 2015年4月22日(水)9:15〜16:35

      ◆会場: 早稲田大学西早稲田(理工キャンパス)


2015/02/23



(過去の新着情報)を更新しました。〔2012年7月〜2014年6月まで2ヶ年分〕

 


2015/02/18



セミナー・学会開催のお知らせ

第13回東アジア資源リサイクル技術国際シンポジウム、EARTH 2015

(The 13th International Symposium on East Asian Resources Recycling Technology (EARTH 2015))
主催:  CHULALONGKORN University, Thailand

    National Metal and Materials Technology Center (MTEC), Thailand
    Electrical and Electronics Institute (EEI), Thailand

期日: 2015年11月1日(日)〜11月4日(水) 会場: パタヤ、タイ

大会HP: http://www.mtec.or.th/earth2015/

    講演要旨(500字以内)・事前参加登録の締切: 2015年3月31日(火)

----

内容: 資源の回収やリサイクルに関連する政策、管理および技術に関する基礎研究および応用研究を対象とします。資源開発、ライフサイクル評価、マテリアルフロー、資源経済、エネルギー・環境関連の研究開発など、幅広い分野を含みます。


2015/01/18



〔主催〕 セミナー・学会開催のお知らせ 〔終了しました。〕 

第13回資源リサイクルと材料科学に関する日韓国際シンポジウム

  開催日: 2015年05月13日(水)〜05月15日(金) 

  場所: 京都市(京都府、日本国)・京都ガーデンパレス

  主催: 環境資源工学会、韓国地質資源研究院 (KIGAM)

  大会HP: The 13th Japan/Korea International Symposium on Resources Recycling and Materials Science

First circular in English: MS-Word | PDF(ポストコングレスツアーを追加)

会告(日本語) 

Final Program/発表プログラム(英語)


2014/11/01



シンポジウム最新情報 〔お陰様をもちまして、盛会のうちに終了致しました。当日は約110名様の方々にご参加いただきました。改めて御礼申し上げます。2015.02.20〕

 第30回シンポジウム「リサイクル設計と分離精製技術」 ―環境保全・資源循環に関する最新技術開発―

 2015年02月20日() 東京都・新橋住友ビル大会議室(東京都港区新橋5−11−3)

 ※第30回の記念シンポジウムで,今回は,副題のように,環境保全・資源循環において今後の実用化拡大が期待される最新技術動向に関する講演が予定されております。

 ⇒シンポジウムプログラム PDF形式プログラム 


2014/09/01



例会最新情報 〔終了しました。〕 

 環境資源工学会第133回例会 ―岩手における廃棄物の処理とリサイクル―

 ●プログラム(Web版PDF版) 平成26年11月13日・14日(岩手大学工学部復興祈念銀河ホールほか)

 ●ポスター発表一覧Web版←優秀ポスター賞が決定しています!|PDF版


2014/12/01



〔会告〕 シンポジウム開催のお知らせ

主催: 独立行政法人 産業技術総合研究所/日本を元気にする産業技術会議

  └戦略的都市鉱山研究拠点(SURE)設立記念シンポジウム

     会期: 2014年12月12日(金) 13:00〜17:40、場所: イイノホール (東京都千代田区内幸町2丁目1-1)


2014/10/08



〔お知らせ〕

 環境資源工学会編「粉体精製と湿式処理 ―基礎と応用―」および「応用編 粉体精製と湿式処理の実際」の案内PDFについて、価格を改定した新しいものに更新しました。


2014/09/01



〔協賛〕 セミナー・学会開催のお知らせ

企 画:日本機械学会 環境工学部門

  └第24回環境工学総合シンポジウム2014

      ・開催日程:2014年11月18日(火)
      ・開催場所:つくば国際会議場


2014/07/23



シンポジウム最新情報 〔終了しました。〕

 第29回シンポジウム「リサイクル設計と分離精製技術」 −貴金属リサイクリングの新展開−

  2014年09月11日(木) 東京都・新橋住友ビル大会議室(東京都港区新橋5−11−3)

 ⇒シンポジウム  PDF形式プログラム [2014.07.24 updated]


2014/05/08



新刊書のお知らせ

応用編 粉体精製と湿式処理の実際 環境資源工学会編

 環境資源工学会では、2012年11月に「粉体精製と湿式処理 ―基礎と応用―」を出版しました。この書は基礎と応用となっていましたが、基礎的な内容が主であることから、技術の応用面についてのより詳細な記述が望まれていましたところ、このたび続編として『応用編 粉体精製と湿式処理の実際』を発刊いたしました。今回の応用編は、現場の状況を調べるとともに、既発表の論文も組み込むことによって、技術の応用面を詳述しています。資源精製学(Mineral Processing)という学問分野で扱われてきた内容は、粉体工学や化学工学をも含む幅広い分野に及んでおり、資源開発・処理だけでなく、近年の資源リサイクルの多くの場面で継承すべき技術として、また、新規に利用していくべき技術として、大いに発展できるものであります。そのような観点から、今回続編として応用例と実用例を中心にした『応用編 粉体精製と湿式処理の実際』が、学生を含む若手技術者や若手研究者の必携の書となることを心から願っています。(ご購入お申込は環境資源工学会事務局まで。同書の新刊案内 〔2014.10.08 価格改定後の案内に更新〕


◆ご購入方法(当学会会員様または所属会社からのご購入の場合)◆購入を希望される場合は、購入部数と送付先をE-mailもしくはFAXにて事務局までご連絡ください。後日、書籍と請求書類を送らせていただきます。請求書の宛名に指定がある場合はあわせてお知らせください。上記該当者以外の個人でお申し込みの場合は、手続き方法が違いますので、E-mailにて購入部数をご連絡ください。折り返しご連絡を差し上げます。

環境資源工学会 事務局 E-mail: rpsj@nacos.com FAX:075-415-3662


2012/11/10



発刊図書のお知らせ

粉体精製と湿式処理−基礎と応用− 環境資源工学会編

 本書は企業の若手技術者や大学4年生や院生向けに書かれた技術書です。12章で構成されており、鉱石や固体廃棄物の粉砕から固体粒子としての選別、固体粒子を溶解した浸出液からの金属イオンの分離と精製までを含む内容となっています。第1章から7章までは、かつて大学資源系学部・学科で資源精製学という講義で学んできた事柄で、後半の第8章から12章までは金属イオンの分離と精製を中心とした化学工学分野で学ぶ事項を中心としています。資源系学部・学科は名称変更で教育内容が大きく変化し、化学工学科も同様に教育・研究内容が変わってきています。このような教育環境の変化はあるものの、一方では資源リサイクリングやゼロエミッションと呼ばれるように、固体廃棄物を処理して固体粉体として選別回収する必要性やさらに固体廃棄物を粉砕後に溶解して、これを分離する必要性は増加しています。上記のような分野の若手技術者や学生・院生の仕事や勉学に、本書は役に立つことと思います。(ご購入お申込は環境資源工学会事務局まで。同書の案内 〔2014.10.08 価格改定後の案内に更新〕


◆ご購入方法(当学会会員様または所属会社からのご購入の場合)◆購入を希望される場合は、購入部数と送付先をE-mailもしくはFAXにて事務局までご連絡ください。後日、書籍と請求書類を送らせていただきます。請求書の宛名に指定がある場合はあわせてお知らせください。上記該当者以外の個人でお申し込みの場合は、手続き方法が違いますので、E-mailにて購入部数をご連絡ください。折り返しご連絡を差し上げます。

環境資源工学会 事務局 E-mail: rpsj@nacos.com FAX:075-415-3662





学会誌「環境資源工学」掲載記事の著作権行使委託のお願い(平成21年1月29日掲載)


過去の新着情報

2015年7月〜12月

2015年1月〜6月

2014年7月〜12月

2014年1月〜6月

2013年7月〜12月

2013年1月〜6月

2012年7月〜12月

2012年1月〜6月

2011年7月〜12月

2011年1月〜6月

2010年7月〜12月

2010年1月〜6月

2009年7月〜12月

2009年1月〜6月

2008年7月〜12月

2008年1月〜6月

2007年7月〜12月

2007年1月〜6月

2006年7月〜12月

2006年1月〜6月

2005年7月〜12月

2005年1月〜6月

2004年7月〜12月

2004年1月〜6月

2003年6月〜12月

2003年1月〜5月

2002年8月〜12月

 

 

 <<このページのトップに戻る

お知らせ


本会ホームページへのリンクは自由に貼っていただいて結構です。リンクを貼った後に、リンク元のURLをまでご一報いただければ幸いです。

◇   ◇   ◇ 

本ホームページへのご意見は、環境資源工学会事務局()までお願いいたします。

  

   

◆   ◆   ◆

(お願い)

  

本ページをご覧になるには、Acrobat Reader (Version 5.xx以上を推奨)が必要です。まだインストールがお済みでない方は、下のアイコンをクリックして最新バージョンをダウンロード(無料)し、説明に従ってインストールしてくださいますようお願いします。

Get Adobe Reader

 


※本学会が主催する例会およびシンポジウムは、技術士の継続研鑚(CPD: Continuing Professional Development)の対象となります。※


学会誌「環境資源工学」掲載記事の著作権行使委託のお願い〕 (平成21年1月29日掲載)


All Rights Reserved, Copyright (C) 2002-2013, The Resources Processing Society of Japan

MAIL


環境 資源 学会 工学会 資源リサイクリング 資源リサイクル 廃棄物処理 資源循環 廃棄物資源循環 排水処理 廃水処理 鉱山廃水 3R Reduce リデュース Reuse リユース 再使用 Recycle 再資源化 減容化 地球環境 静脈産業 動脈産業 リサイクル法 資源有効利用促進法 再生資源 資源の有効利用 特定省資源業種 特定再利用業種 指定省資源化製品 自動車 パーソナルコンピュータ 指定再利用促進製品 浴室ユニット 指定表示製品 塩化ビニル製建設資材 アルミ缶 スチール缶 ペットボトル 特定容器包装 密閉形蓄電池 二次電池 指定再資源化製品 指定副産物 環境問題 人口問題 資源枯渇 最終処分場 マテリアルリサイクル ケミカルリサイクル サーマルリサイクル 廃棄物の減量化 LCA ライフ・サイクル・アセスメント 物質フロー 資源生産性 循環利用率 最終処分量 持続可能な社会 ストック型社会 地域循環圏 東アジア循環圏 3Rイニシアティブ バイオマス もったいない マイバッグ マイ箸 循環型社会形成推進基本法 容器包装リサイクル法 家電リサイクル法 自動車リサイクル法 食品リサイクル法 建設リサイクル法 廃棄物処理法 バーゼル条約 ロンドン条約 WEEE指令 廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法) 資源の有効な利用の促進に関する法律 資源有効利用促進法 改正リサイクル法 建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律 建設リサイクル法 建築廃材 建設廃材 食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律 食品リサイクル法 特定家庭用機器再商品化法 家電リサイクル法 容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律 容器包装リサイクル法 国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律 グリーン購入法 使用済自動車の再資源化等に関する法律 自動車リサイクル法 環境基本計画 環境基準の設定 公害防止計画 環境保全のための施策 国の施策の策定等に当たっての配慮 環境影響評価の推進 環境保全のための規制と経済的措置 環境の保全に関する施設の整備その他の事業の推進 環境への負荷の低減に資する製品等の利用の促進 環境教育・環境学習の推進 民間団体等の自発的な環境保全活動の促進 環境教育・環境学習及び環境保全活動の促進のための情報の提供 環境調査・環境監視 環境の保全に関する科学技術の振興 公害紛争の処理・公害被害の救済 地球環境保全等に関する国際協力 地方公共団体の施策 鉱山 浮遊選鉱 浮遊選別 泡沫分離 浮選 マイクロバブル ナノバブル 重液選別 重液選鉱 比重選鉱 比重選別 ジグ テーブル 薄流選別 静電選別 静電選鉱 渦電流 ソーター 色彩選別 レーザー 蛍光エックス線 形状分離 粒度分布 分級 電気泳動 淘汰管 鉄鉱石 銅鉱石 黒鉱 レアアース レアメタル 白金 パラジウム Pd インジウム In タングステン W ネオジム Nd タンタル Ta ジスプロシウム Dy スカンジウム Sc イットリウム Y ランタン La セリウム Ce プラセオジム Pr ネオジム Nd プロメチウム Pm サマリウム Sm ユウロピウム ガドリニウム Gd テルビウム Tb ジスプロシウム Dy ホルミウム Ho エルビウム Er ツリウム Tm イッテルビウム Yb ルテチウム Lu リチウム Li ベリリウム ホウ素 チタン バナジウム クロム マンガン コバルト ニッケル ガリウム ゲルマニウム セレン ルビジウム ストロンチウム セシウム ジルコニウム ニオブ モリブデン パラジウム インジウム アンチモン テルル セシウム バリウム ハフニウム タンタル タングステン レニウム 白金 タリウム ビスマス ヨウ素 メタンハイドレード ガスハイドレート 海底熱水鉱床 マンガンノジュール コバルトリッチクラスト 除染 減容化 ファイトレメディエーション 吸着剤