日本神経内分泌学会

若手助成金制度

日本神経内分泌学会若手研究助成金制度の規程

(総則)
1. 神経内分泌学の基礎的研究の発展を推進するために、日本神経内分泌学会(以下本学会という)は公募に応募した若手研究者が取り組む研究の意義や独創性、計画の具体性ならびに実現性を選考し、若手研究助成金 A Young Investigator Grant of Japan Neuroendocrine Societyを授与する。
2. この授与規程は日本神経内分泌学会定款第32条による。
(応募資格)
3. 受賞する学術集会の年度末に40歳以下であること
4. 申請時に本学会の会員歴を2年以上有すること
5. 過去の本助成金受領者は再応募できない。
(選考委員会)
6. 選考委員会は、当該学術集会会長と学術・次世代育成担当理事全員で構成され、当該学術集会会長が選考委員長を務める。 (受領者の決定)
7. 各選考委員は、申請者の応募書類に基いて研究内容を評価し、選考委員長は各選考委員の評価をまとめて受領者を決定する。
8. 受領者は毎年1名以内とする。
9. 選考委員長は、選考結果を理事長に報告する。
(規程の改訂)
10. この授与規程は理事会の承認を経て改訂できる。
(補則)
11. この授与規程は2006年10月27日から施行する。
12. 実際の運用は別に定める内規によって行うものとする。
13. 本助成金について賛助の申し出があった時は、理事長の許諾を得て、助成金名に賛助者(企業または個人)の名を冠して呼称することができる。

(2006.10.27)
(2009.4.24改訂)
(2011.11.24改訂)
(2014.12.03改訂)
(2015.9.18改訂)
(2016.10.13改訂)

日本神経内分泌学会若手研究助成金制度に係る内規

1. 助成金受領対象者
将来にわたって本学会での活躍が期待される若手研究者(40歳以下)が行う神経内分泌学の基礎的研究を対象とする。研究者の所属は、医学系(基礎系、臨床系)、非医学系を問わない。
2. 応募要領と提出期限
申請者は、所定の書式に沿って応募書類を作成し、該当年の1月末日までに日本神経内分泌学会事務局に提出しなければならない。
3. 選考方法(書面審査)
1) 各選考委員は、5点法(5極めて優秀,4優秀,3良,2可,1不可)あるいは委員長の定める方法にしたがって全申請課題について評価する。選考委員が関係者である申請課題の場合は、当該研究課題に対する評価は行わない。
2) 研究助成金受領者として、選考委員の評価の高いものから1名以内を採択する。
評価が分かれた場合の選考については、選考委員で合議の上、選考委員長が決定する。
4.  助成金授与と成果発表
日本神経内分泌学会学術集会において助成金受領者を発表し、助成金を授与する。翌年の学術集会で「若手研究助成金支援による研究発表」のセッションを設け、受領者は研究成果を発表しなければならない。また、誌上発表する場合は、本研究助成金の対象研究であったことを明記しなければならない。助成金は50万円とする。

申請書ダウンロード(MS-Word)