日本神経内分泌学会

名誉会員・新評議員の推薦

標記につきまして、下記の要領で適任者をご推薦下さいますようお願い申し上げます。

選考規定

名誉会員
【選考規定】
《定款第8条》
「名誉会員は本会の目的に関し特に功績のあった者で理事会が推薦し、評議員会の承認を得て決定し、総会に報告する。」
《名誉会員選考内規》
1.日本神経内分泌学会会員で次の2つの条件を満たす者。
 (1)日本神経内分泌学会会長、または、日本神経内分泌学会理事(旧会則による幹事も含む)を3年以上つとめた者
 (2)候補となった学術集会時に満70歳以上の者。
2.上記1のほか、日本神経内分泌学会の発展に特に貢献した者。
【推薦者】
評議員
【提出締切日】
学術集会開催日の2ヶ月前
【提出先・問い合わせ先】
日本神経内分泌学会事務局
推薦書式はこちら


評議員
【選考規定】
《定款第18条》
「評議員は評議員、功労評議員または名誉会員2名以上の推薦に基づき、理事長が理事会に諮り、評議員会の議を経て定め、学術集会時の総会の承認を得るものとする。」
《評議員選考内規》
評議員の選考は次の規準による。
1.神経内分泌学の研究者で次の2つの条件を満たす者。
 (1)本会の連続しての会員歴が、原則として3年以上であること。
 (2)神経内分泌学に関する論文が10編以上(うち筆頭者3編以上)査読制度のある雑誌に掲載されていること。*
2.上記1のほか、神経内分泌学の領域で特に優れた業績のある者。この場合には理事会での投票で有効投票の過半数の賛成により決する。
 * 記入に際しては、著者の主著・共著との区別を付けて全て記入する。(学会発表は含めない。)
【推薦者】
評議員、功労評議員、名誉会員
【提出締切日】
学術集会開催日の2ヶ月前
【提出先・問い合わせ先】
日本神経内分泌学会事務局
申請書式はこちら